荒木忠治容疑者の顔写真やSNSは?小林正敏さんとの関係や事件現場は?

今年の4月に82歳の男性を殺害した容疑で、6月27日に61歳の男性が逮捕されました。

犯人の顔写真やSNSは?犯行現場は?被害者との関係は?処罰はどうなるのか?

今回はこれらを見ていきます。。。。

スポンサーリンク

事件概要

今年4月、長野県飯田市の住宅で82歳の男性が殺害された事件で、警察は27日、強盗殺人などの疑いで61歳の無職の男を逮捕した。

強盗殺人などの疑いで逮捕されたのは、飯田市松尾新井の無職・荒木忠治容疑者(61)。

今年4月15日の午後2時25分ごろから午後10時52分までの間に、飯田市松尾清水の小林正敏さん(82)の住宅に侵入し、屋内を物色していたところ、小林さんに目撃されたことから頭を鈍器のようなもので複数回殴り、殺害した疑いがもたれている。

荒木容疑者は今月7日、収入があるにもかかわらず、生活保護費をだまし取った詐欺の疑いで逮捕されていて、捜査本部は取り調べの中で強盗殺人での犯行を特定したとしている。

警察は認否を明らかにしていないが、2人は知り合いとみられ、動機などを詳しく調べている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

荒木容疑者は、盗みの目的で被害者の住宅に侵入したそうです。

室内を物色している最中に、小林さんに見つかったそうですが、荒木容疑者は小林さんが家の中にいることには気づかなかったのでしょうか??

普通なら空き巣を狙う気もしますが、、、

皆さんはどう思いますか??

また、小林さんは荒木容疑者に複数回頭部を殴られたことによる出血性ショックによって死亡してしまったそうです。

本当に残酷ですよね。

荒木容疑者は殺人とは別に、生活費保護をだまし取った詐欺の疑いで逮捕されていたそうですが、その額は51万円だそうです。

詐欺に加え、殺人まで犯すなんてあり得ないですね、、、

荒木忠治容疑者のプロフィール。顔写真やSNSなどは?

本名 荒木忠治

年齢 61歳

住所 長野県飯田市 松尾新井

職業 無職

容疑 強盗殺人、住居侵入、詐欺

このような感じです。

荒木容疑者の顔写真については現在公開されておらず、わかっていません。

分かり次第、追記していきたいと思います。

SNSに関しては、一様Facebookで検索してみたところ、出てきました。

しかし、本当に荒木容疑者のものかは、全く定かではありません。

検索結果が気になる方はこちら 。

荒木忠治容疑者と被害者の関係は??

スポンサーリンク

今回殺害されてしまったのが、82歳男性の小林正敏さん。

荒木容疑者と小林さんは、近隣の住民同士で知り合いだったそうです。

2人とも、飯田市住みで、車で5分ほどの距離だったらしいです。

荒木容疑者がなぜ小林さん宅に侵入しようと思ったのかという動機は現在分かっていません。

個人的な推測では、2人は以前から何らかのトラブルがあったのではないかと思っています。

普通、盗みをするときにこんな近くの、知り合いの家に盗みに入るでしょうか??

私はそうは思いません。

小林さんに対する何らかの恨みなどがあって、特定的に犯行に及んだのではないでしょうか?

また、荒木容疑者は、室内を物色中に小林さんに見つかったとして、小林さんを殺しています。

見つかったからといってそんなすぐ人を殺したりするでしょうか??

もしかしたら、そもそも盗みではなく、小林さんを殺すことが目的だったのではないでしょうか??

でなきゃ、普通本人が家にいるときに侵入なんてしないと思います。

あくまでこれは、私の意見や推測にすぎないので、事実ではありません!!

皆さんはどう思いますか???

事件現場について

事件があった小林正敏さんの家は、長野県飯田市 松尾新井です。

周辺は住宅街と畑という感じですね。

こちらが小林さんの家の写真です。

荒木容疑者の処罰

それでは、荒木容疑者にはどんな処罰を受けるのでしょうか??

荒木さんが犯した罪は、わかっているもので「強盗殺人罪」、「住居侵入罪」、「詐欺罪」の3つです。

しかし今回、強盗殺人と住居侵入は同じ犯行の流れで行われました。

こういう場合は、牽連犯(けんれんはん)といいます。

牽連犯の場合、2つの罪に対して罰が与えられるのではなく、その中で最も重い罪が科されます。

つまり今回は、強盗殺人ですね。

なのでまとめると、荒木容疑者には、詐欺罪と強盗殺人罪が科されます。

詐欺罪は、ものにもよりますが10年以下の懲役とされています。

強盗殺人罪は、死刑または無期懲役に値します。

荒木容疑者はどうなるのでしょうか。。。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、長野県で起きた強盗殺人事件について触れていきました。

先ほども述べましたが、私は加害者と被害者の間に何らかのトラブルがあったのではないかと思っています。

真相は分かりませんが、こんな事件がもう起こらないように願いたいです。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする