長谷川貴英の顔画像やFacebook!200万円引き出す?現金引き出し役だった?動機や現場は?東京都文京区

引用:http://www.news24.jp

東京都文京区に住む男性から、キャッシュカードを騙し取り、ATMで現金200万円を引き出したとして、23歳の男 長谷川貴英 容疑者が逮捕されました。

現在、長谷川容疑者は容疑を認めています。

長谷川容疑者の顔画像、犯行手口や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

高齢の男性から不正に入手したキャッシュカードを使い、ATMから現金200万円を引き出したとして23歳の男が逮捕された。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、住居・職業不詳の長谷川貴英容疑者。警視庁によると、長谷川容疑者は先月、東京・文京区に住む70代の男性からだましとったとみられるキャッシュカード3枚を使い、千代田区内のATMから現金200万円を引き出した疑いがもたれている。

調べに対し容疑を認めていて、「知人の男から代わりに金をおろしてくれと言われた」「金は都内のコインロッカーに入れた」などと供述しているという。

引用:http://www.news24.jp

詐欺事件です。

長谷川容疑者は、「知人の男から代わりに金をおろしてくれと言われた」「金は都内のコインロッカーに入れた」などと供述しているので、詐欺グループと関わっていたということでしょうか。

そして、そのグループの現金の引き出し役だったのかもしれません。

200万円も引き出していたそうで、かなりの大金ですよね。

おそらく、引き出した現金をロッカーに入れたら、報酬としていくらかグループから貰えるという契約だったのでしょう。

犯行手口は??

引用:http://www.news24.jp

現在、手口に関しては明らかになっていません。

しかし、考えられる手口は以下のような感じではないでしょうか。

「銀行職員、区の職員、金融庁職員などを装い、電話したり直接訪問した」などがよくある手段ですよね。

複数人で協力して犯行に及んだ可能性も高いですね。

その方が信ぴょう性が出せますからね。

真相は分かりませんが、詐欺は最低な行為ですね。

スポンサーリンク

犯行の動機は??

犯行の動機に関しても明らかになっていませんが、お金が欲しかったということで間違いないでしょう。

もしかしたら、詐欺を繰り返して、生計を立てていた可能性もありますね。

報道では、長谷川容疑者は職業不詳ですが、無職かもしれません。

長谷川貴英容疑者のプロフィール

長谷川容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 長谷川貴英
年齢 23歳
住所 不明
職業 不明
容疑 詐欺罪

長谷川貴英容疑者の顔画像

こちらが顔画像です。

引用:http://www.news24.jp

長谷川貴英容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、Facebookで長谷川貴英容疑者と思われるアカウントを発見しました。

しかし、断言はできないので、検索結果だけ載せておきます。

気になる方は見てみてください。

見ればすぐどれかわかると思います。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

犯行の現場はどこ??

長谷川容疑者は、東京都文京区に住む男性から、キャッシュカードを盗み、東京都千代田区で現金を下ろしています。

地図がこちらです。

「東京都 文京区」

 

「東京都 千代田区」

 

スポンサーリンク

長谷川貴英容疑者の量刑は??

今回、長谷川容疑者は詐欺罪となります。

詐欺罪の場合は、「10年以下の懲役」となります。

被害額も200万円と高額なので、罪は重めになるかもしれません

ネットの声

しかしアレだよな高齢者は未だ電話に出る能力がある。スマホやガラケーもあるが少ないだろう。
思い切って外付け電話は遮断するのもいいかもしれない。

・重い罰を与えて、公表して下さい。厳しい刑罰の公表は、次の事件を抑制することにつながります。

・それで知人は名前出たの?出なかったら言い訳にすぎませんね。
そんなことをしても捕まるんだよ。何でそんなことも分からないのかな。

カードを他人に渡す人が、未だにいる事が不思議。頻繁にニュースでやっているのに!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、詐欺事件をみていきました。

被害者が悪いわけではないですが、キャッシュカードを人に渡すという神経がわからないです。

それほど詐欺師がうまいということなのでしょうか。

自分は大丈夫と思わずに、対策を考えてみることも大事かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする