林翔の顔画像・Facebook!飲酒運転、信号無視、ひき逃げ!動機や現場は?岐阜県岐阜市

岐阜市の交差点で、酒を飲んで車を運転し、赤信号を無視して乗用車にぶつかり、女性にけがを負わせて逃げたとして、25歳の男 林翔 容疑者が逮捕されました。

現在、林容疑者は容疑を認めています。

容疑者の顔画像、事故原因、飲酒運転の動機、事故現場など事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

19日、岐阜市の交差点で、酒を飲んで車を運転し、赤信号を無視して乗用車にぶつかり、女性にけがを負わせて逃げたとして25歳の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、岐阜市長良の会社員、林翔容疑者(25)です。

 警察によりますと林容疑者は、19日、酒を飲んで車を運転し、自宅近くの交差点に赤信号を無視して進入。

 55歳の女性が運転する乗用車と衝突し、軽いけがを負わせた上、現場から逃げた疑いが持たれています。

 事故後、壊れた車が信号無視するのを出勤途中の警察官が目撃し、林容疑者が浮上しました。

 林容疑者は調べに「急いでいた」と容疑を認めているということで、警察が事故の詳しい状況を調べています。

引用:https://hicbc.com

飲酒運転事故です。

林容疑者は、飲酒運転して、信号無視して、女性にけがをさせて、その上その場から逃走するという。。。

なんて奴だって感じですよね。。。

今回は、被害者の女性は軽い怪我で済みましたが、死亡事故になっていてもおかしくない状況ですよね。

たまたま今回は運が良かったですが、林容疑者には自分がしたことの危険さをしっかりと理解してほしいですね。

林容疑者は、軽い気持ちで飲酒運転をしたかもしれませんが、それが誰かの人生を奪う可能性があるんですから。

ひき逃げの動機は??

現在、林容疑者は「急いでいた」と供述しています。

これが逃げた理由かどうかは、明らかになっていません。

しかし理由の一つとしては、考えられますよね。

この他に、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・怖くなって逃げてしまった

・飲酒がバレるのが嫌だった

・バレないと思った

皆さんはどう思いますか。

どんな理由にせよ、ひき逃げは絶対にしてはいけませんね。

スポンサーリンク

飲酒運転の動機は???

飲酒運転の動機に関しても、明らかになっていません。

分かっているのは、林容疑者が「急いでいた」ということだけです。

急いでいて、飲んだ後に運転してしまったという可能性も充分ありますよね。

これ以外に、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・バレないと思った

・酔っていないから、大丈夫だと思った

・酔った勢いで、調子に乗ってしまった

どうでしょうか。

飲むなら乗るな、乗るなら飲むな。

当たり前のことですよね。。

なぜそれができないんでしょうか。。。

事故の原因は??

事故原因に関しても明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・酒に酔っていて、正常な判断ができなかった

・急いでいたため、スピードを出しすぎていた

・居眠り運転をしていた

・よそ見運転をしていた(スマホなど)

どうでしょうか。

個人的には、スピードの出しすぎが原因な気がします。。

こういう人は、免許を取り上げた方がいいですよね。

スポンサーリンク

林翔容疑者のプロフィール

林容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 林翔
年齢 25歳
住所 岐阜県岐阜市長良
職業 会社員
容疑 危険運転致傷、ひき逃げ

林翔容疑者の顔画像

現在林容疑者の顔画像に関しては、明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

林翔容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、林容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

しかし、「林翔」というアカウントは数多く存在していました。

検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

事故の現場はどこ??

今回、事故が起きたのは、林容疑者の自宅近くの交差点です。

林容疑者の自宅は、岐阜県岐阜市長良にあります。

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

林翔容疑者の量刑は???

今回、林容疑者は、飲酒運転で事故を起こしました。

飲酒運転により人身事故を起こした場合、アルコールの影響度によって2つの罰則に分かれます。

まず、必要な注意を怠って人を死傷させた人身事故の場合、過失運転致死傷罪となります。

この場合、「7年以下の懲役または禁錮/100万円以下の罰金」となります。

一方、酩酊運転の場合に人身事故を起こしてしまうと、危険運転致死傷罪となります。

この場合、相手が負傷すると「15年以下の懲役」、死亡の場合「1年以上の有期懲役」と、懲役刑しか設けられていません。

林容疑者がどれだけ酔っていたかは分かりませんが、おそらく過失運転致傷罪ではないかと思います。

そうなると、林容疑者は「7年以下の懲役または禁錮/100万円以下の罰金」となります。

判決が気になりますね。

ネットの声

・飲んだら運転しないこと、何でこんな簡単なことが出来ないのだろう。取り締まりと罰則の強化を望みます。これからの季節飲酒する機会が増えます、自覚ある行動をとりましょう。泣く人を少しでも減らせればいいな。

・飲酒運転は殺意ありとしても問題ないと思うんやけどあかんのかな
包丁振り回してるのと同じやろ

・通勤中でも仕事柄ご苦労さん。

・アルコールが抜けるまで急いでいたって意味だろ笑

・言い訳がもう、かわいそう
みじめというか、間抜けというか

・お前が急いだところで世の中何も変わらない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、飲酒運転事故をみていきました。

本当に飲酒運転のニュースが多すぎますよね。。。

このような人は、一生車を運転できなくしていいと思います。

皆さんはどう思いますか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする