平塚勝敏の顔画像やFacebook!爆弾持って銀行強盗?動機や現場は?東京都中央区

29日午前、東京・中央区にある銀行に刃物を持って押し入ったとして、48歳の男 平塚勝敏 容疑者が強盗未遂の疑いで逮捕されました。

平塚容疑者は、すぐに身柄を確保され現行犯逮捕されました。

犯行の動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

29日午前、東京・中央区の銀行に刃物を持った48歳の男が押し入り、「爆弾を持っている。2億円出せ」と行員を脅し、駆け付けた警察官が強盗未遂の疑いで現行犯逮捕しました。

 午前9時半ごろ、中央区勝どきの東日本銀行月島支店に男が折り畳みナイフを持って押し入りました。警視庁によりますと、男は段ボール箱を持ち込み、「爆弾を持っている。2億円出せ」などと行員を脅しました。警察官が駆け付け、強盗未遂の疑いで平塚勝敏容疑者を現行犯逮捕しました。客や行員にけがはありませんでした。警視庁は、平塚容疑者が押し入った経緯を調べています。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

銀行強盗事件です。

平塚容疑者は、29日午前9時半ごろ、中央区勝どきにある東日本銀行の月島支店に押し入りました。

その後、ポケットからナイフを取り出し、「爆弾を持っている。2億円を出せ」と脅したそうです。

しかし、駆け付けた警察官にすぐに逮捕されました。

平塚勝敏容疑者は、小さい段ボール箱を持っていたが中身は空だったそうです

ようは、はったりをかまして、脅していたんですね。

幸いケガ人はいなかったそうで、良かったですね。

今どき、銀行の支店には2億円もの現金は置いていないですよね。。

考えればわかると思うのですが。。

犯行の動機は??

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

現在、詳しい犯行の動機に関しては、明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・シンプルにお金が欲しかった

・生活が苦しく、刑務所暮らしを望んで、わざと逮捕された

・ふざけ感覚でやった

どうでしょうか。

個人的には、あっという間にすんなり逮捕されていることや、「2億円」という現実味のない金額を要求していることから、わざと逮捕されたのではないかとも思ってしまいます。

最近では、生活に苦しい者が刑務所暮らしの方がまだマシだと思い、わざと犯罪を犯して捕まる人などがいますからね。

真相は分かりませんが、とにかくケガ人など、被害が少なくてよかったです。

スポンサーリンク

平塚勝敏容疑者のプロフィール

平塚容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 平塚勝敏
年齢 48歳
住所 不明
職業 不明
容疑 強盗未遂

平塚勝敏容疑者の顔画像

現在、平塚容疑者の顔画像は明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

平塚勝敏容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、平塚容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、検索結果が気になる方は見てみてください。

。Facebookの検索結果はこちら

スポンサーリンク

犯行の現場はどこ??

今回犯行があった銀行は、中央区勝どきにある東日本銀行・月島支店です。

地図がこちらです。

 

 

平塚容疑者の量刑は??

平塚容疑者は、強盗未遂の疑いで逮捕されています。

強盗未遂の場合、「5年もしくは7年以下の懲役刑」になります。

未遂ではありますが、割と重めな刑ですね。

ネットの声

・住所あって万策尽きたなら、逮捕されて、しばらく税金で養ってほしかったんかも。
下界でも塀の中でも、生活レベルの差を感じなくなったら、こうなりそう。

・本物の爆弾は持ってなかったな。
本物の爆弾だったら立てこもるはずだし。

・2億円なんて重くて運べないと思うけれど。。。。

・雨の降る中、ダンボール箱持ってお疲れ様

・平和だな。あげちゃったら?

・知能が一般的な48歳の2億分の1ですかね。

・何か捕まるまでの映像が目に浮かぶ。
今どきこのような手法で銀行強盗が出来ると考える奴がいるんだな。

・俺達は一度の爆発で2億匹排出するらしいぜ!

・刑務所に兄貴が無実の罪で捕まってるとしか思えない行動ですね。

・どうせならあるだけ全部か持ってけるだけ要求すりゃ良いのに、2億円出せって。
爆弾も持ってないだろうなぁ。
爆弾作る技術は無いし、買うツテもないし、買う金も無いだろ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、銀行強盗事件を見ていきました。

本当に金が欲しくてやったんでしょうか。

もしそうなら、馬鹿すぎる気がしますね。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする