細田博幸の顔画像やFacebook!バス運転手が飲酒!動機や現場は?埼玉県狭山市

引用:https://news.tbs.co.jp

埼玉県狭山市で酒に酔った状態で車を運転してバイクに衝突し、22歳の男性を死亡させたうえ逃走したとして、56歳の男 細田博幸 容疑者が逮捕されました。

細田容疑者は、バスの運転手でした。

飲酒運転の動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

今月11日、埼玉県狭山市で酒に酔った状態で車を運転してバイクに衝突し、22歳の男性を死亡させたうえ逃走したとして、56歳のバス運転手の男が警察に逮捕されました。

 危険運転致死などの疑いで逮捕されたのは狭山市のバス運転手、細田博幸容疑者(56)です。警察によりますと、細田容疑者は今月11日の未明、狭山市新狭山の路上で酒に酔った状態で乗用車を運転し、バイクに乗っていた中村快さん(22)に衝突して死亡させたうえ、そのまま逃走した疑いがもたれています。

 細田容疑者は、事件後に現場からおよそ1.8キロ離れた場所で車に乗っているところを見つかりましたが、足を骨折するなどしていたため入院していました。

 発見時、細田容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されていて、取り調べに対し、酒を飲んだことは認めたうえで、「何かにぶつかる事故は起こしました」などと供述しているということです。

引用:https://news.tbs.co.jp

バス運転手が起こした飲酒運転事件です。

被害者のバイクに乗っていた中村快さんは、死亡してしまったということで、本当にかわいそうです。

バイクですから、ぶつかったときに体が投げ出されて、かなりの衝撃を受けたのかもしれません。

細田容疑者自身も、足を骨折していたということなので、かなりの衝撃だと思います。

そんな派手な事故があったにもかかわらず、細田容疑者はその場から逃走しています。

信じられないですよね。

もしかしたら、すぐに細田容疑者が対応していたら、何とか命だけでも取り留められたかもしれません。

細田容疑者は、調べに対して、「何かにぶつかる事故は起こしました」と供述しています。

は?という感じですよね。

こんな悲惨な衝突事故を起こしておいて、「何か」にぶつかったとか、最低すぎますよね。

普通、こんな事故を起こしたら、確実に気づきますよね。

まぁ、それさえ気づかないほど、かなり酒に酔っていたのかもしれません。

とにかく、バス運転手失格ですね。。

最低な行為です。

ひき逃げの理由は???

引用:https://news.tbs.co.jp

細田容疑者が逃げた詳しい理由に関しては、明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・怖くなって逃げた

・飲酒でかなり酔っていて、どうでもいいと思った

・急いでいた

・飲酒がバレるのが怖かった

・バレないと思った

どうでしょうか。

個人的には、酔いすぎて事故ったかどうかも、よくわからないくらい状態で、そのまま事故現場から離れていってしまったんだと思います。

まぁ、どんな理由にせよ最低な犯行ですね。

スポンサーリンク

事故の原因は??

詳しい事故原因に関しても、現在明らかになっていません。

しかし、これもまた考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・酒に酔っていて、正常な運転ができなかった

・急いでいて、スピードを出しすぎていた

・居眠り運転をしていた

・よそ見運転をしていた(スマホなど)

どうでしょうか。

個人的には、やはり酒に酔っていて、まともな運転ができなかったことが原因な気がします。

皆さんはどう思いますか。

細田博幸容疑者のプロフィール

細田容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 細田博幸
年齢 56歳
住所 埼玉県狭山市
職業 バス運転手
容疑 危険運転致死

細田博幸容疑者の顔画像

現在、細田容疑者の顔画像に関しては、明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

細田博幸容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、細田容疑者のSNSアカウントは特定には至りませんでした

一様、検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

事故現場はどこ??

今回、事故が起きたのは、埼玉県狭山市新狭山の路上です。

事故現場を特定しました。

住所は、埼玉県川越市かし野台2丁目22−15だと思われます。

こちらが事故現場の写真です。

引用:https://news.tbs.co.jp

地図がこちらです。

 

 

スポンサーリンク

細田博幸容疑者の量刑は??

今回、細田容疑者は飲酒運転で死亡事故を起こし、さらに逃走もしています。

危険運転致死罪や道路交通法違反にとなります。

複数罪がある場合、一番重いものが科されます。

なので、細田容疑者はおそらく危険運転致死罪となります。

危険運転致死罪とは、かなり危険な運転で人を死亡させてしまったときに科されるものです。

今回の場合、細田容疑者は飲酒で正常な判断ができない状態で運転し、中村さんを死亡させてしまいました。

これが、危険運転致死罪に当たります。

この場合、「1年以上の有期懲役」となります。

細田容疑者は現場から逃げているということもありますし、刑は重めになるかもしれませんね。

ネットの声

・車を運転する職業の人間が絶対にやっちゃいけないことをしましたね。こいつは死刑にすべきですが、飲酒運転の罰則も更に厳しくすべき

・危険運転致死傷罪に問われても最長20年って軽いですよ。もともと交通事故扱いにするのがおかしい。酔っての運転は自動車が凶器と同じだと思う。たから交通事故扱いでなく殺人扱いにすべきではないでしょうか。

・以前に読んだ記事では酔った状態で「自分はまだ運転出来る」という思考になってしまう人がいるそうです。それじゃあ酒を無くさないと飲酒運転は根絶できないのだろうか?
早く運転前に呼気検査をしないとエンジンがかからないシステムが出来ないかなぁ。

・厳罰厳しくしても飲酒運転はずーとまったくなくならないね。お酒の力は怖いな。

・本件とは無関係ですが、普段バスとか大型乗ってあるいてるやつはバスとか大型は全然ぶつけないくせになぜかレジャーはよくぶつける傾向がありますな
わたしの中では昔から七不思議の一つです

・死ぬ人と生き残る人が逆ですね。
亡くなった方の両親を思うとやるせない。

・アルコールの販売やめた方がいい!

・ほんと酒はひどい、タバコなんか比較にならないほど酒は最悪な飲み物だ

・こいつ、人としてダメだ。
税金使って裁判もしなくていい。

尖閣諸島に送って自給自足をしてもらおう。
被害者への賠償は加害者の親や親族がしたらいい。

・自分も晩酌しますが、飲んだら乗らない!翌日の運転時にアルコールが残らぬ様に8~10時間前に止め少なめ少なめに飲んでいます!
個々の意志が大切と思います。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、バス運運転手が起こした飲酒運転事故をみていきました。

運転手という立場で、こんなことをしてしまうなんて、最悪ですよね。

飲酒運転事故は一向に減らないですね。。。

こういう人がいると、酒が法律で禁止される日もそう遠くないかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする