藤井和彦の顔画像やFacebook!76万円不正受給?男性との関係は?動機は?岡山県赤磐市

岡山県で、必要のない職員を雇い、勤務実績がないのに、教育委員会に不正に金を支払わせたとして、教育委員会の教育次長の54歳の男 藤井和彦 容疑者が逮捕されました。

現在、藤井容疑者の認否に関しては明らかになっていません。

藤井容疑者の顔画像、犯行動機や雇われた男性との関係など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp

岡山県赤磐市教育委員会で、必要のない臨時職員を雇い、賃金計76万円を不正に支払ったとして、県警捜査2課などは30日、背任容疑で同市教委前教育次長、藤井和彦容疑者(54)=岡山市中区=を逮捕した。

 県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、教育次長在職中の2018年6月中旬ごろ、市教委の幹部職員2人と共謀し、勤務させるつもりのない70代男性を学校給食の配送業務に任用。一度も業務を行わなかったのに、同年6月から19年3月まで計76万円を支払わせ、市教委に損害を与えた疑い。

 県警は、藤井容疑者と男性の関係を明らかにしていない。市教委が今年8月、不正な手続きを公表していた。男性は76万円全額を返したという。

 市によると、藤井容疑者は現在、保健福祉部参与。友実武則市長は「捜査に協力するとともに、結果を待って適正に対応したい」とコメントした。 

引用:https://www.jiji.com

教育委員会に不正に金を払わせた事件です。

まず、藤井容疑者は、働かせるつもりはなしに、70代男性を学校給食の配送業務に任用しました。

そして、計画通りその男性は、一度も業務を行いませんでした。

それなのに、教育委員会の教育次長である藤井容疑者は、教育委員会に同年6月から19年3月まで計76万円を男性に支払わせたそうです。

つまり、何らかの理由でその男性に、ただで金を渡したかったということになりますね。

教育次長であるにも関わらず、委員会を騙す最低な行為ですね。

藤井容疑者の認否は明らかになっていませんが、ここまで詳しく報道されていると、なんだかこの人が犯人で間違いなさそうですよね。

自分の立場や権力を利用した、最低な犯行ですね。

こういう人には上に立つ資格は、一切ないと思います。

現在は藤井容疑者は教育次長ではないですが、この人がいなくなって良かったと思います。

こういう偉い立場にいながら、悪いことをする人は本当に嫌ですよね。

捕まって本当に良かったです。

雇われた男性と藤井容疑者の関係は??

現在、雇われた男性と藤井容疑者の関係は明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・友人関係

・親戚関係

・仕事などの関係者

どうでしょうか。

何らかの関係性があったことは間違いないでしょう。

そうでなければ、わざわざ知らない人に、お金を不正に渡したりしないですよね。

しかし、もし2人が共謀して、男性も悪いことだと知りつつ金を貰っていたら、男性も捕まるべきですよね。

真相が気になります。

スポンサーリンク

犯行の動機は??

動機に関しても現在明らかになっていません。

これは藤井容疑者と雇われた男性の関係が明らかになれば、わかってくるかもしれませんね。

2人の仲が良ければ、男性が金に困っていて、金を上げたかったなどという理由などが出てきますよね。

もしくは、2人は知人ではないが、お互いの中で契約を交わし、「不正に給与を上げるから、それを山分けしよう」という感じだった可能性もあります。

まぁ、どんな理由にせよ、不正な最低な犯行ですね。

藤井和彦容疑者のプロフィール

藤井容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 藤井和彦
年齢 54歳
住所

岡山県岡山市中区

 

職業

以前・・・岡山県赤磐市教育委員会 教育次長

現在・・・岡山県赤磐市教育委員会 保健福祉部

容疑 背任容疑

藤井和彦容疑者の顔画像

現在、藤井容疑者の顔画像に関しては明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

藤井和彦容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、藤井和彦容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

スポンサーリンク

藤井和彦容疑者の量刑は?

今回、藤井容疑者は背任容疑で捕まっています。

そのため背任罪という刑になります。

これは、「任務に背く行為」のことです。

つまり、他人の事務の処理者として当然になすべきと法的に期待される行為をしないことをいい、期待される行為をしない場合と、なすべきでない行為をする場合の両方があります

今回の場合、無駄に雇われ、働いてない男性には給与が払われるべきではないのに、払われるように処理をしたことが背任行為になります。

背任罪の場合、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

ネットの声

・教育委員会をチェックする機関が必要だ。
少人数で閉鎖的だから、身内で不正をやっていたら、
外部からはまずわからない。
表に出ていないだけで、全国に似たような事例はあるのでは。

・中小企業では良くあるパターン
重役の家族が社員だったってやつ。
勤務実績ないのに、社会保険だけは、掛けれれてる。
当然給与も払われてるんでしょうけどね。

これ、役所でやったらダメでしょ。

県警はともかく市教委は関係を把握して公表すべきだと思う。

・多分、本人には数万円を名義料として渡し、あとはポッポナイナイ・・メチャ楽チンな手口。バレないと思っていたのかな・・

・勤務実態のない国会議員がボーナス受取るらしい?
桁が違うけど???

・で、おじいちゃんは罪に問われないの?

・まだ市の職にいるのか。

・こんなくだらん教育委員会の次長がおること事態腹立たしい!
早く背任でも何でも、処分して欲しい!
大体、教育委員会は何かを分かった方が教育委員会に配置するべきで、異動だけでくる人は良くない。

そのお爺が何者かは、市の職員はみんな知ってるでしょう。
悪質クレーマーとか、人権団体関係者などに、直接金銭を渡せないから、
超簡単な仕事を随意契約で業務委託して、法外な委託料をダラダラ払い続ける手法。
全国の自治体では一般的な手口です。

・教育委員会って組織はこんな奴ばかりだな。表に出ないだけでまだまだいるだろ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、教育員会で不正をした男の事件をみていきました。

こういう偉い人不正をするのは最低ですよね。

自分の権力を利用するなんて、全くその役職にふさわしくありません。

この人はもう一生昇格できないんではないでしょうか。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする