嘉山貴之の顔画像特定!Facebookは?衝突させた理由は?東京都葛飾区新小岩

東京都葛飾区西新小岩の都道で、走行中のタクシーの前に乗用車で割込み、急ブレーキをかけ衝突させ、相手側の運転手にけがをさせたとして、33歳の男 嘉山貴之 容疑者が逮捕されました。

嘉山容疑者は、衝突させて逃走したそうです。

また、嘉山容疑者は「事故があったことは何となく覚えています」と供述しているそうです。

なぜこんなことをしたのでしょうか???

事件について詳しく見ていきます。。。。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://ja.wikipedia.org

走行中のタクシーの前に乗用車で割り込み、急ブレーキをかけて衝突させ、相手にけがをさせたなどとして、33歳の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京 足立区の職業不詳、嘉山貴之容疑者(33)です。

警視庁によりますと、ことし3月、葛飾区西新小岩の都道で、走行中のタクシーの前に乗用車で割り込み、急ブレーキをかけて衝突させ、運転手に軽いけがを負わせたうえ、そのまま逃走したとして危険運転傷害とひき逃げの疑いが持たれています。

タクシーのドライブレコーダーには、嘉山容疑者の車が追い越して前に割り込んでくる一連の様子が映っていたということです。

調べに対し「事故があったことは何となく覚えています」などと供述しているということです。

タクシーの乗客の男性とトラブルになっていたということで、警視庁は詳しいいきさつを調べています。

引用:https://www3.nhk.or.jp

また、危険運転の事件ですね。

本当に最近多いですよね。

今回は、割込みして急ブレーキをかけ、衝突させるという危険運転です。

卑劣な行為ですよね。

被害を受けたタクシーのドライブレコーダーには、嘉山容疑者の車が割り込んでくる映像がしっかりと残っていたそうです。

やはり今の時代、ドライブレコーダーはかなり大事ですよね。

皆さんはつけていますか???

また、嘉山容疑者は「事故があったことは何となく覚えています」と供述しているそうですが、これは嘉山容疑者が故意にやったことなのに最低ですよね。

こういう運転をする人がいると本当に車に乗るのが怖くなりますよね。

犯行動機は???

乱暴なタクシーの乗客のイラスト

一体なぜ嘉山容疑者は、こんな危険な運転をしたのでしょうか???

現在理由は明らかになっていませんが、以下のような感じではないでしょうか。

・タクシーが嘉山容疑者の車の前に割り込んだ

・タクシーが嘉山容疑者の車を追い越した

・タクシーの速度が遅かった

・タクシーのスピードがかなり速く、少し危ない運転だった

これらのようなことをきっかけに、嘉山容疑者は腹を立てて、危険運転行為に走ったのかもしれません。

ちなみに事故当時、タクシー運転手は乗客ともめていたそうです。

もしかしたら、乗客がタクシー運転手に「もっと急げ」などというように運転をせかすような発言をしていて、タクシーの運転スピードが上がってしまっていたということも考えられますよね。

真相は分かりませんが、どんな理由があるにせよ、他の人を危険に巻き込むような運転は絶対にしてはいけませんよね。

嘉山貴之容疑者のプロフィールは?

本名 嘉山貴之
年齢 33歳
住所 東京都足立区
職業 不明
容疑 危険運転傷害、ひき逃げ

このような感じです。

スポンサーリンク

嘉山貴之容疑者の顔画像は?

現在、嘉山容疑者の顔画像は明らかになっておりません。

わかり次第追記していきたいと思います。

【追記】

こちらが顔画像です。

引用:http://www.news24.jp

嘉山貴之容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、嘉山容疑者のアカウントを特定することはできませんでした。

一様、検索結果が気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

事故現場はどこ?

事故が起きたのは、東京都葛飾区西新小岩の都道です。

地図がこちらになります。

 

嘉山容疑者の量刑は?

今回、加山容疑者の容疑は、危険運転傷害です。

危険運転致死傷罪とは、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律です。

この場合、「人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役」に処するとされています。

今回は、嘉山容疑者は相手を負傷させただけなので、「15年以下の懲役」となります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、危険運転事件について見ていきました。

最近こういう人が多すぎて、私自身ちょっと運転が怖いです。。。

皆さんもしっかりと気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする