工藤直哉の顔画像・Facebookは?ストレス発散のために大麻?青森県職員

青森県三沢市で、自宅に大麻を所持していたとして、28歳の男 工藤直哉 容疑者が逮捕されました。

工藤容疑者は、三沢市の職員でした。

所持していた大麻は、0.7グラムだったそうです。

市民の信頼を裏切るような行為ですよね。

事件について詳しく見ていきます。。。。

スポンサーリンク

事件の概要

「大麻 画像」の画像検索結果

引用:https://www.itmedia.co.jp

青森県警は19日までに、同県三沢市の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反の疑いで、三沢市職員、工藤直哉容疑者(28)を現行犯逮捕した。県警によると、容疑を認め「ストレス発散のために使用した」と供述している。

 逮捕容疑は8月31日午前7時45分ごろ、三沢市三川目の自宅で大麻約0・7グラムを所持したとしている。県警が入手経路を調べる。

 市の佐々木亮総務部長は「勤務態度に問題なかったので驚いている。市民の信頼を裏切るような行為で申し訳ない」と話した。

引用:https://www.sankei.com

大麻所持の事件です。

今回捕まった工藤容疑者は、三沢市の職員だったそうですが、勤務態度は良かったそうです。

それなのに、こんなことをしてしまったんですね。

周りからは問題なさそうに見えても、実は奥深くに問題を抱えている場合もあるということですよね。

今回工藤容疑者は、0.7グラムの大麻を自宅に所持していました。

日本の違法大麻は、1グラム当たり3000円~5000円ほどだそうです。

工藤容疑者は、おそらく使用していたのでもっと持っていたでしょうね。

市の職員として、恥ずべき行為ですね。

犯行動機は?

ストレスを抱えている人のイラスト(男性)

工藤容疑者は、「ストレス発散のために使用した」と供述しています。

勤務態度は問題なかったそうですが、見えないところでストレスがどんどん溜まっていって、大麻に手を出してしまったのかもしれませんね。

他にストレス発散方法はなかったのでしょうか。。

どんな理由にせよ、大麻に手を出してはいけません。

しっかりと反省してほしいものですね。

スポンサーリンク

工藤直哉容疑者のプロフィールは?

本名 工藤直哉
年齢 28歳
住所 青森県三沢市三川目
職業 三沢市の職員
容疑 大麻取締法違反

このような感じです。

まだ28歳と若めではありますよね。

工藤直哉容疑者の顔画像は?

現在、顔画像に関しては公開されていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

工藤容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、工藤容疑者のアカウントを特定することはできませんでした。

一様、検索結果が気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

スポンサーリンク

大麻を所持していた自宅は?

工藤容疑者は、大麻を自宅に所持していました。

工藤容疑者の自宅は、青森県三沢市三川目です。

地図がこちらです。

 

工藤容疑者の量刑は?

今回、工藤容疑者は大麻取締法違反で捕まっています。

大麻取締法違反では、大麻所持の目的で罪の重さも変わってきます。

営利目的があるかないかが大きな判断基準になります。

営利目的がなければ5年以下の懲役になるのに対して、営利目的があれば7年以下の懲役となり、悪質性の高い場合には200万円の罰金も合わせて科されます。

今回、工藤容疑者の場合、0.7グラムと小量なことから考えると、営利目的はなかったように思えます。

なので、おそらく「5年以下の懲役」で済むのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は大麻関連の事件について見ていきました。

ストレス発散のために、人生を棒に振るなんてもったいなさすぎますよね。

他にストレス解消の方法はあったはずです。

皆さんも身を気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする