前田龍治の顔画像やFacebook!71歳男性が死亡?事故原因や現場はどこ?愛知県名古屋市

愛知県名古屋市守山区の国道で、71歳の男性をはね、死亡させたとして、20歳の男 前田龍治 容疑者が逮捕されました。

現在、前田容疑者は容疑を認めています。

前田容疑者の顔画像、事故原因や事故現場など、事故について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事故の概要

26日夜、名古屋市守山区の国道で、71歳の男性が車にはねられ死亡しました。

 26日午後9時半過ぎ、名古屋市守山区森孝1丁目の信号交差点で、道路を横断中だった近くに住む無職・秋吉教道さん(71)が、走ってきた車にはねられました。

 秋吉さんは病院に運ばれましたが、胸などを強く打ちまもなく死亡しました。

 警察は、車を運転していた名古屋市北区の会社員・前田龍治容疑者(20)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕するとともに、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の状況を詳しく調べています。

 現場は見通しのいい片側2車線の国道の信号交差点で、調べに対し前田容疑者は「人とぶつかる交通事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

引用:https://www.tokai-tv.com

名古屋市で起きた交通事故です。

被害者の秋吉さんは、死亡してしまったということで、本当に気の毒です。

事故があった時刻は、午後9時半ごろなので、あたりは暗かったと思います。

事故現場の交差点は見通しがいいそうですが、それなのになぜ事故が起きてしまったのでしょうか。

もしかしたら、被害者の秋吉さんが信号無視をしていて、ひいてしまったという可能性も無くはないですよね。

ひいてしまった前田容疑者は悪いですが、被害者に瑕疵がある場合もありますね。

とにかく、事故を起こしてしまってからでは遅いです。

運転中は常に細心の注意を払うことが大切ですね。

事故の原因は?

現在、詳しい事故原因に関しては、明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・飲酒運転をしていた

・居眠り運転をしていた

・信号無視をした

・よそ見運転をしていた(スマホなど)

・スピードを出しすぎていた

・被害者の秋吉が飛び出してきた

どうでしょうか。

とにかく、見通しの良い交差点なわけですし、防げた事故のはずですよね。

仮に、被害者の秋吉さんが信号無視などをしていたとしても、前方に注意を払っていれば、事前に気付き、止まれたと思います。

事故を起こしてしまった事実は変わりませんから、反省してほしいですね。

スポンサーリンク

前田龍治容疑者のプロフィール

前田容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 前田龍治
年齢 20歳
住所 愛知県名古屋市北区
職業 会社員
容疑 過失運転致死

前田龍治容疑者の顔画像

現在、前田容疑者の顔画像に関しては明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

前田龍治容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、前田龍治容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

被害者のプロフィール

こちらが被害者のプロフィールです。

本名 秋吉教道
年齢 71歳
住所 愛知県名古屋市守山区森孝
職業 無職

事故の現場はどこ???

事故があったのは、愛知県名古屋市守山区森孝2丁目の交差点です。

こちらが事故現場の写真です。

引用:https://www.tokai-tv.com

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

前田龍治容疑者の量刑は?

今回、前田容疑者は過失運転致死となります。

過失運転致死罪の場合、罰則は7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑が科せられます。

前田容疑者に飲酒などが発覚すれば、より罪は重くなるでしょう。

判決が気になりますね。。

ネットの声

・この記事の書き方って、一方的に
車が悪い、みたいなイメージを
受けるな。

「死亡した男性」
「運転してた男」

どちらに瑕疵があるのか
まだわからない段階で
こう書かれるとねぇ。

せめて
「運転してた男性」
とは書けないのか?
そういう決まりなのか??

・自分も信号無視のおばあちゃんはねて(怪我だけでしたが)警察に行きましたが、歩行者の過失が大きいとのことで、刑事処分は無し治療費は全て強制保険内で済みました。後ろのタクシー運転手さんの証言もあったからと思います。一方的に車がっていう感じじゃなかったですよ。

・運転してた人は、歩行者が見えなかったのか、見て無かったのかどっちだろう。
夜間は特に歩行者は懐中電灯や反射材で目立つようにして、クルマから確認出来るように自己防衛した方が良いと思う。

・私も最近、夜間危うく横断者とぶつかりそうになりました。
普通にきちんと前を見ていたのですがいきなり視界に入り急ブレーキで事なきを得ました。高齢者の男性で、怒っていたような顔してました。
 事故になるかどうかは全くの運だと思います。
それよりもなによりも横断者がもう少し左右の確認をしたらどうですか?

・歩行者にとって信号が青であったのか?
横断歩道を渡っていたのか?

両方YESでなければ歩行者の責任も大きいのに、飯塚幸三以外は簡単に逮捕されますよね。

・高齢者の方の信号無視をよく見かけるので車を運転してた方が悪い上にパクるのはどうかと思う。死人に口無しとはいいますが必ずしも車が信号無視やよそ見してたとは限りませんよ。
私も信号無視の歩行者や横断歩道じゃないところを横切る歩行者を見ますが、見るたびにこの人は近いうちに事故に遭うだろうと感じる時があります。

・歩行者が信号無視をして横断していても轢いたら車が絶対的に悪い事になるからなぁ…

冬は特に暗い色の服装が増えるし雨の夜なら視界も悪くなるし注意に注意重ねるくらいしないと。

・最近、横断歩道中の事故が多発しておりますがいずれも夜が多く塗料の劣化や水はけを良くする為の縁ラインのカットによりドライバーの認識低下要因が上げられると思います。行政としては事故多発地帯を把握し横断歩道ありの標識設置や反射塗料の使用を進めて欲しい。

・別の記事では両者の氏名が公表されていますね。警察が公表したのでしょうか。

若い男性の車はキャデラックだったようですね。
警察の適切な事故調査を期待します。

年寄りは、今接近してる車は自分に気付いてないかもしれないという思考を待てないから、夜道を歩かないで欲しい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、愛知県で起きた死亡事故を見ていきました。

事故は加害者も被害者もつらいですよね。。

とにかく安全運転。

これが一番ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする