【名城大学殺人未遂事件】犯行動機!犯人の顔画像・プロフィール!愛知県名古屋市

愛知県名古屋市にある、名城大学の研究棟の建物内で、教員の男性を刃物で刺したとして、逮捕されました。

現在、容疑者は容疑を認めています。

容疑者の顔画像、犯行動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

 

 

容疑者の顔画像・プロフィール

容疑者の顔画像

現在、容疑者の顔画像は明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

容疑者のプロフィール

本名 不明
年齢 不明
住所 不明
職業 大学生(名城大学)
容疑 殺人未遂罪

スポンサーリンク

犯行現場の名城大学はどこ???

事件があった、名城大学は、愛知県名古屋市天白区にあります。

ホームページがこちら。

写真がこちら。

「名城大学」の画像検索結果

引用:https://www.nihonsekkei.co.jp

「名城大学」の画像検索結果

引用:https://www3.nhk.or.jp

比較的奇麗なキャンパスですよね。

地図がこちらです。

 

現場の状況

 

スポンサーリンク

事件について

学生が教授をハサミで刺すというなんとも恐ろしい事件です。

事件が起きた時刻は、午後4時過ぎということで、大学生の授業ならだいたい3限~4限の時間でしょうか。

容疑者は、教員の首や胸を複数回刺したそうです。

残虐ですね。

被害を受けた教員男性は、病院に運ばれ、意識はあるということで良かったですね。

大学の職員が「男が刃物で先生を切りつけた」と通報し、事件が発覚したそうですが、もし誰も近くにいなくて通報が遅れていたら、死亡していた可能性もありますよね。

現在、容疑者は「やった」と容疑を認めているようですが、自分がしたことの重大さを理解しているのでしょうか??

そして、一体なぜ教員を刺したりしたのでしょうか??

犯行の動機は???

現在、詳しい動機に関しては明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか??

被害者の教員が嫌いだった

・教員が単位をくれないことに、怒り、刺した

・ストレス発散したかった

・誰でも良かった

・卒業できないことが判明し、八つ当たりした

どうでしょうか。

教員を殺しかけているわけですから、相当な理由があったとは思いますが。。

なんとも恐ろしいですね。。。

スポンサーリンク

容疑者の量刑は??

容疑者は、殺人未遂罪となります。

殺人未遂の場合、「死刑または無期もしくは5年以上の懲役」となっています。

殺人罪と同じように、かなり重い罰になります。

しかし、実際には判例だと7年以下の刑期に収まっているものが、半数を占めています

また、死刑や無期懲役になることも比較的に少ないそうです。

罪が重くなるかどうかは、残虐性や計画性など、様々なことを考慮するそうです。

本件では、容疑者に計画性などがあったかは分かりませんが、残虐性は十分にありそうです。

判決が気になりますね。

ネットの声

・学生が教授刺すとか何事、、この時期なら卒論ダメ出しされて留年勧告されたとか?
昔、中大でもOBに教授が刺殺された事件あったよね。受験に行ったらマスコミたくさん来ててびっくりしたわ。

・受験シーズン直前にこういう事件があると大学側は困るだろうな。

・他の学生や進路希望の人はたまったもんじゃないよ。私立なら指定校推薦とかとってる人いるかもしれないしね。

・成人学生でしょ?
なぜ実名報道しないの?
理由はあるかもしれんけど、傷害はよくないと思いますが。

・大学まで入学して、勉強する一心で来たんじゃないのか?
今まで頑張った人生も元も子もなくなってしまうだろう。

・屋上にQRコードついてるんだ
Google マップからスマホでアクセスできるのかな?

・大学入試が始まるこの時期とは。関係者はやりきれないだろうな。

・教授を切りつけてお先真っ暗って残念すぎる人生。
何の為の大学だったのだろう。

・現行犯で成人なのに、なぜ名前が出ない?

・成績が確定する前に担当教員が死亡した場合、全員単位認定となる場合があるらしいので、それ狙いですかね

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

大学生が教員を刺すという恐ろしい事件をみていきました。

ネットでも言われている通り、この受験の時期にこういう不祥事が起きると、大学側も影響だ出ますよね。

一説には、単位欲しさのために教員を殺したのでは?とも言われていますが、それで捕まっていたら元も子もないですよね。。。

もしそうなら馬鹿すぎます。。。

兎に角、教員が無事で良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする