元山清平の顔画像やFacebook!建築確認証を偽造!仕事のミスが原因?大阪府大阪市

引用:https://keiji-pro.com

建物を新築する際に必要な建築確認済証を偽造したとして、45歳の男 元平清平 容疑者が逮捕されました。

元平容疑者は、一級建築士でした。

現在は容疑を認めています。

偽造の動機や、現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

建築家のイラスト

建物を新築する際に必要な建築確認済証を偽造したとして、大阪府警捜査2課と和歌山県警は11日、偽造有印公文書行使容疑で、一級建築士、元山清平容疑者(45)=住所不定=を逮捕した。「期日までに手続きが間に合わず、その場しのぎで偽造した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年8月下旬、シャッター付きのガレージ建築を依頼した大阪市の自営業の40代男性に対し、偽造した建築確認済証1通を渡したとしている。元山容疑者は依頼主の男性から約59万円を受け取っていた。

 府警によると、元山容疑者は府内や和歌山県内などで、他の複数の建築物でも確認済証を偽造した疑いがあり、両府県警が捜査を進めている。

引用:https://www.iza.ne.jp

一級建築士が、偽造行為をしました。

元平容疑者は、昨年8月下旬に、シャッター付きのガレージ建築を依頼した大阪市の自営業の40代男性に対し、偽造した建築確認済証1通を渡したそうです。

建築確認証とは、建築の内容が法律の規定に適合している場合に、交付されるものです。

つまり、「今からする工事は法的にOKな工事ですよ」という証明書ですね。

この証明書を元平容疑者は、偽造して工事を行ったわけなので、まだ法的に許可されている工事ではなかったわけです。

立派な一級建築士として、あるまじき行為ですね。

元平容疑者は、工事を依頼した男性から59万円という代金をしっかり受け取っています。

罪悪感は一切なかったのでしょうか。

また、元平容疑者は、他の工事でも建築確認証を偽造した疑いがもたれているそうです。

何件もこのような偽造をして、違法に工事を繰り返していたのかもしれませんね。

最低な建築士です。

こんな建築士には、依頼したくないですね。。。

偽造の動機は??

なぜ、元平容疑者は、建築確認証を偽造したのでしょうか。

元平容疑者は、「期日までに手続きが間に合わず、その場しのぎで偽造した」供述しています。

また、手続きが間に合わなかったのは、仕事のミスで資金操りに追われていたことが原因だそうです。

つまり、自分のせいですよね。

勝手に自分の都合で、偽造して工事して許されるわけがありません。

建築士として失格ですね。

スポンサーリンク

元平清平容疑者のプロフィール

元平容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 元平清平
年齢 45歳
住所 不明
職業 一級建築士
容疑 偽造有印公文書行使

元平清平容疑者の顔画像

現在、元平容疑者の顔画像に関しては明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

元平清平容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、元平容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

「元平清平」というSNSアカウントは存在していなかったので、他の名前で利用しているか、そもそも利用していないのかもしれません。

引き続き調査を進め、わかり次第追記していきたいと思います。

犯行の現場は??

今回、偽造の確認証を渡され、工事されたのは、大阪府大阪市に住む、自営業の男性の家のガレージです。

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

元平清平容疑者の量刑は??

今回、元平容疑者は偽造有印公文書行使となります。

この「行使」とは、偽造された文書を本物の文書として使用して、人にその内容を認識もしくは認識し得る状態にすることを言います。

今回でいうと、元平容疑者が建築確認証を偽造して依頼した男性に渡したことが、これに当たりますね。

この場合、【1年以上10年以下の懲役】となります。

ネットの声

・>期日までに手続きが間に合わず、その場しのぎで偽造した
>他の複数の建築物でも確認済証を偽造した疑い

期日なんて言い訳に過ぎない。
一度偽造がバレなかったから、ズルズルと何度もやったのでは?

・ついにここまで?完了検査済書ではないの?そでないと偽装成立しないと思うんだけど?

・一級建築士の免状も偽造だったりして

・違法で建ててしまった建物は、どうなるの?
改善出来なければ取り壊しなのかな。。。

・全国の一級建築士の何割かは「ひゃひや」していることでしょう。

・施主が金融機関に持ち込んでバレたのかな?

・この業界は姉歯の教訓が全く活かされてない(笑)

・国交省のHPで一級建築士の処分者を公表してるが、結構いるぞ。名刺で信用したらダメだ。

・これあれか。正規に申請するとけんぺい率で通らないから違法に確認申請偽造したんだろ。報酬が59万とか。

・偽造する暇あったら仕事しろ・・・

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、一級建築士が偽造文書で工事をしていた事件を見ていきました。

個人的に、建築士ってカッコよくて好きなので、なんだか悲しいです。

こういう建築家がいっぱいいるのでしょうか??

だとしたら、建築家業界は終わってますね。

そうじゃないことを祈ります。

元平容疑者にはしっかり反省してほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする