鳴海恭太郎の顔画像・Facebook!パンクの動機は個人的な恨み?神奈川県横浜市

自動車のタイヤをパンクさせたとして、67歳の男 鳴海恭太郎 容疑者が器物破損の疑いで逮捕されました。

鳴海容疑者は、「そんなことはやっていません」と容疑を否認しているようです。

真相はどうなんでしょうか。

事件について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

車のパンクのイラスト

自動車のタイヤをパンクさせたとして、神奈川県警港北署は25日、器物損壊の疑いで、横浜市港北区綱島西の無職、鳴海恭太郎容疑者(67)を逮捕した。「そんなことはやっていません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は5月29日午後10時20分ごろ、同区綱島西に住むパートの女性(64)が自宅近くの駐車場に止めていた普通乗用車のタイヤ3本を鋭利なもので突き刺し、パンクさせたとしている。

 同署によると、女性はこれまでに複数回、同様の被害を受けていたといい、同署に相談していた。同署員が捜査中に、鳴海容疑者が車の周辺で不審な動きをしているのを発見し、容疑が浮上した。女性は以前に経営していた飲食店で、「(鳴海容疑者が)客として何回か来ていたのを見たことがある」などと話しているという。同署は余罪があるとみて捜査を進めている。

引用:https://www.iza.ne.jp

器物破損の事件です。

被害者は、横浜市港北区綱島西に住む64歳の女性だそうです。

車のタイヤ3本を鋭利なものでパンクさせられたそうですが、なかなか陰湿ですよね。

被害者の女性は、これまでに複数回同様の被害を受けたそうですが、何回もパンクさせられるなんて、たまったもんじゃないですね。

67歳にもなってすることじゃないですよね。。。

本当に呆れてしまいます。

しかし現在、鳴海容疑者は「そんなことはやっていません」と容疑を否認しているようです。

犯行の動機は?

悪人のイラスト「黒いシルエット」

現在、動機に関しては明らかになっておりません。

しかし、おそらく個人的な恨みが動機ではないでしょうか。

というのも、

・女性はこれまでに複数回、同様の被害を受けていたといい、同署に相談していた

・被害者の女性は以前に経営していた飲食店で、「(鳴海容疑者が)客として何回か来ていたのを見たことがある」などと話しているそうです。

この二つの事実から考えると、被害者の女性は何回も狙われていたということですよね。

また、鳴海容疑者は被害者の飲食店に通っていたので、被害者女性のことを認知していたと思われます。

つまり鳴海容疑者は、64歳の被害者女性個人を狙って、何度もパンクさせていた可能性が高い気がします。

64歳の女性に恨みなどの何らかの思いがあり、犯行を繰り返していたのかもしれませんね。

真相は分かりませんし、2人の間に何があったかも分かりませんが、何にせよ最低な行為ですね。

鳴海恭太郎容疑者のプロフィールは?

本名 鳴海恭太郎
年齢 67歳
住所 神奈川県横浜市港北区綱島西
職業 無職
容疑 器物破損

このような感じです。

鳴海恭太郎容疑者の顔画像は?

現在、鳴海容疑者の顔画像に関しては明らかになっておりません。

わかり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

鳴海恭太郎容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、調査したところ、鳴海容疑者のアカウントは存在しませんでした。

わかり次第追記していきたいと思います。

犯行現場はどこ?

犯行現場は、被害者女性が住んでいる横浜市港北区綱島西のアパートの近くの駐車場です。

地図がこちらです。

 

今回駐車場の特定には至りませんでした。

鳴海容疑者の量刑は?

本件で、鳴海容疑者は器物破損の疑いで捕まっています。

もし「器物破損罪」なら、「3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する」となるそうです。

鳴海容疑者には、時間をかけてしっかり反省してほしいですね。

この手の人は、同じようなことを繰り返してしまうことが多いそうですから。

皆さんはどう思いますか??

ネットの声

・この爺さんの人生もパンクさせてあげてほしい。

・問題ばかり起こす中高年ほど安○死させるべきだと思う

・自分のやっている事が見えない人がいる事は、我々も肝に銘じて生きる事が重要であろう。

・人の嫌がることをするな。過失ならともかく、こういう当たり前の事が分からないならしっかりと反省出来るようになるまで社会から隔離出来るようにして欲しい。

・本当にギリギリで車を維持してるような人もいるわけで
やったことはたかがパンクとは言えない

・こういうのって被害車は補償されるのか?
犯人に強制でローン組ませてでも直ぐに修理してもらわないと納得いかねーよなぁ…こういう犯罪

・死ぬ時には苦しまず安らかに天国へ。
国として、安楽死の制度を確立して欲しい
切に願う。

・そんなことでしか主張出来ないとは、器が小さすぎる。

・重い病で苦しんでいる人の命と 引き換えにできないものだろうか。

・昔の東映の時代劇の大部屋俳優の名前のようだ。

・煽り運転の車をパンクさせてください。

・こういう犯罪って、リタイヤ世代に多く見られますね。やり場のない屈折したままなのか、哀れな老後です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、器物破損の事件について見ていきました。

本当に情けない事件ですよね。

お爺ちゃんにもなって、何をしているんでしょうか。。

呆れてしまいます。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする