新山イサ子の顔画像やFacebook!寝たきり男性放置の理由は?殺害した?神奈川県横浜市

「死体遺棄」の画像検索結果

神奈川県横浜市で、同居している寝たきりの男性を放置して、死亡させたとして、61歳の女 新山イサ子 容疑者が逮捕されました。

新山容疑者は、自ら警察に出頭し、今回の逮捕に繋がりました。

同居男性を放置した理由や、犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

神奈川県警港北署は15日、寝たきりの同居男性(70)を放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで、横浜市港北区大倉山、無職、新山イサ子容疑者(61)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は10月中旬ごろから同26日ごろまでの間、自宅アパートで、食事ができず衰弱していた無職、則井博さんを放置し、死亡させたとしている。

 署によると、新山容疑者が同日、署に自首し、死体遺棄容疑で逮捕された。当初「口や鼻を押さえ、殺害したかもしれない」と説明したが、署は病死や衰弱死の可能性が高いとみている。

引用:https://www.sankei.com

横浜市で起きた保護責任者遺棄致死事件です。

新山容疑者は、同居人である則井博さんを10月中旬から26日ごろまで放置していたそうです。

期間にすると、2週間弱でしょうか。

それだけ放置したら、寝たきりで動けない病人は死んでしまいますよね。

新山容疑者は、2週間の間どこか別の場所で暮らしていた可能性もありますよね。

ホテルや知人の家を転々としていたのかもしれません。

なんとも悲しい事件です。

2人の関係性は??

仲良く腕を組む夫婦のイラスト(高齢者)

新山容疑者と死亡してしまった則井博さんの関係性については、同居人ということしかわかっていません。

しかし、おそらく恋人か夫婦のような関係だったのでしょう。

同居人を放置した動機は??

老々介護のイラスト

現在、新山容疑者が、寝たきりの同居人を放置した理由に関しては、明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・介護するのが面倒になった

・介護するお金が無くなってしまった

・保険金が欲しかった

・人生に疲れてしまった

どうでしょうか。

真相は分かりませんが、いわゆる老老介護問題というやつではないでしょうか。

日本は高齢化が進み、高齢者の割合がかなり増えています。

その中で、夫婦2人などで暮らしている高齢者らの家では、高齢者が高齢者を介護するという状況が発生してしまいますからね。

新山容疑者がもし介護疲れが原因で、放置してしまったのなら、他に頼る相手は一切なかったのでしょうか??

死亡させなくてもよかったのに、、、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

死亡原因は??

現在、警察は死亡原因として、病死か衰弱死ではないかと捜査を進めています。

しかし、新山容疑者は出頭当初「口や鼻を押さえ、殺害したかもしれない」と説明していたそうです。

これも何らかの形で死亡に関係している可能性はありますよね。

また、衰弱死だとしても、それ以前に新山容疑者に多少の殺意があったということになりますよね。

やはり、介護が相当負担になっていて、手を出してしまったのかもしれません。

新山イサ子容疑者のプロフィール

新山容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 新山イサ子
年齢 61歳
住所 神奈川県横浜市港北区大倉山
職業 無職
容疑 保護責任者遺棄致死罪

新山イサ子容疑者の顔画像

現在、新山容疑者の顔画像に関しては、明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

新山イサ子容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、新山イサ子容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

おそらく利用していない可能性が高いです。

わかり次第追記していきたいと思います。

犯行の現場はどこ??

今回、新山容疑者が同居人を放置したのは、新山容疑者の自宅です。

自宅は、神奈川県横浜市港北区大倉山にあります。

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

新山イサ子容疑者の量刑は??

今回、駒木容疑者は保護責任者遺棄致死罪として、逮捕されています。

法定刑は「3カ月以上5年以下の懲役」だそうです。

これは、殺してはいない保護責任者遺棄罪でも変わらず同じ罰則だそうです。

ちなみに、殺人罪との違いは「故意に殺す気が合ったかどうか」です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、同居人を放置して死亡させてしまった事件を見ていきました。

やはり老老介護問題は、深刻なのかもしれませんね。

これからもこのような事件は増え続けると思います。

少子化対策で、みんなでたくさん子供を産まなくては。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする