大橋政晃の顔画像やFacebook!日本刀で脅迫?煽られたと思った?動機や現場は?東京都世田谷区

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

東京・世田谷区の路上であおり運転をされていると勘違いをして、日本刀のような刃物でトラックを運転していた男性を脅したとして46歳の男 大橋政晃 容疑者が逮捕されました。

現在、大橋容疑者は容疑を認めています。

犯行動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

「日本刀」の画像検索結果

引用:https://eee.world-p.co.jp

東京・世田谷区の路上であおり運転をされていると勘違いをして、日本刀のような刃物でトラックを運転していた男性を脅したとして46歳の男が逮捕されました。

 大橋政晃容疑者は11日午後5時半ごろ、世田谷区の路上で40代の男性に対し、刃渡り40センチほどの刃物で脅した疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、刃物は日本刀のようなもので、以前に解体現場で働いていた際に拾ったとみられています。「あおられていると勘違いした」「恐怖を与えてやろうと思ってやった」と容疑を認めています。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

あおり運転と勘違いして、脅迫した事件です。

大橋容疑者は、日本刀のような刃物を、解体現場で拾ったそうですが、そんなものを拾うなよって感じですよね。

しかも、それを車の中に入れて持ち運びしている時点で、おかしいですよね。

いくら護身用といっても、度が過ぎている気がします。

今回は、被害者の男性は脅されただけで済んだそうで、良かったです。

また、こんな日本刀を持ち歩くような物騒な人が捕まってよかったです。

犯行の動機は??

あおり運転のイラスト

大橋容疑者は、「あおられていると勘違いした」「恐怖を与えてやろうと思ってやった」と供述しています。

一体トラックはどんな運転をしていたのでしょうか???

本当に煽っているような運転行為だったのでしょうか。

どうもそうとは思えませんよね。

大橋容疑者は、日本刀のいうな刃物を持ち歩くような人間ですから、ただそれを使って脅したかっただけな気もしてしまいます。

皆さんはどう思いますか??

スポンサーリンク

大橋政晃容疑者のプロフィール

大橋容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 大橋政晃
年齢 46歳
住所 不明
職業 不明(以前は解体現場で働いていた)
容疑 脅迫罪

大橋政晃容疑者の顔画像

現在、大橋容疑者の顔画像に関しては明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

一様、大橋容疑者が連行される際の車の画像がこちらでです。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

この車に大橋容疑者が乗っています。

大橋政晃容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、大橋容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、Facebookの検索結果を載せておくので気になる方はみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

犯行の現場はどこ??

今回、犯行があったのは東京都世田谷区の路上です。

写真がこちらです。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク

大橋政晃容疑者の量刑は???

今回、大橋容疑者は暴力行為等処罰法違反となります。

この場合、「3年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

普通の脅迫罪の場合は、「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」となるので、それよりも重い刑ということになります。

ポイントは、日本刀のような刃物という凶器を使っているという部分ですね。

ネットの声

・刃物を携帯した男が捕まってよかった。
野放しにしてたら重大な事件を起こしてたかもしれない。

・そんな物を拾って所持するか。
あおり以前に問題があるな。

被害妄想が酷いようで

受診をお勧めいたしめす

・煽られたと勘違いされた、トラックの運転手に問題は無かったのか?

・このアホにも恐怖心を与えてあげないと。このレベルのアホになると、動物の調教レベルの指導が必要だと思う。

・大型トラックが後ろに停車すると圧迫感は感じるけど、刃物は駄目でしょう〜

・まだ侍がいたとは…。

・よくもまぁ次から次へと。。

・模造刀でしょ。

・怖〜

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日本刀のような刃物で脅した脅迫事件を見ていきました。

そんなの持っていきなり来られたら相当怖いですよね。

殺されると思いますよね。

こんな恐ろしい人が捕まってよかったです。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする