佐伯頼尚の顔画像・Facebook!性目的で未成年連れ込む?犯行手口は?福岡県田川市

SNSで出会った10代半ばの少女を連れまわし自宅に連れ込んだとして、40歳の男 佐伯頼尚 容疑者が逮捕されました。

佐伯容疑者は、現在容疑を否認しているようです。

真相はどうでしょうか。

事件について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://www.excite.co.jp

会員制交流サイト(SNS)で出会った10代半ばの少女を連れ回し自宅に連れ込んだとして、宮崎県警延岡署は25日、未成年者誘拐の疑いで、福岡県田川市栄町の無職、佐伯頼尚容疑者(40)を逮捕した。署によると、容疑を否認している。

 逮捕容疑は、未成年と知りながら、SNSで田川市の自宅まで来るよう誘い出し、23日から25日にかけて自宅に泊まらせたとしている。

 署によると、少女の家族が24日に行方不明届を提出。少女の関係者への聞き込みなどで佐伯容疑者が浮上した。

引用:https://www.sankei.com

未成年誘拐事件ですね。

このような事件では、未成年者側に了承があったとしても、未成年者と知りつつ連れまわしたり、自宅に連れ込んだりすると、犯罪となります

佐伯容疑者は、40歳にもなって10代半ばの少女を家に呼び出すなんて、何をしているんでしょうか。

確実にいけないことだと分かっていたはずですよね。

また、少女側も簡単にSNSであった人の家に泊まりに行ったりしてはダメですよね。

浅はかすぎます。

重大な事件に巻き込まれる可能性は十分にあり得ますから、もっと慎重にSNSを利用するべきです。

少女のにも責任がある気がしてしまいますね。

少女が危ない道に行かないように、日ごろから見守ってあげなければなりませんよね。

SNSが普及した現代では、便利さとともに危険も潜んでいますね。

犯行の動機は?

誘拐のイラスト

動機に関しては、報道では明らかになっておりません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・性的目的

・援助交際

・ストレス解消

・児童ポルノ作成目的

どうでしょうか。

やはり性的な目的があった可能性が一番高い気がします。

自宅に二泊も泊まらせているわけですから、性行為をしている可能性は高いでしょう。

佐伯容疑者が金銭を渡す代わりに、少女と性行為をしていたのでしょうか。

いわゆる援助交際の可能性も非常に高い気がします。

まだ未成年の少女にとっては、芳しくない行為ですね。

どんな理由があったにせよ、れっきとした犯罪です。

佐伯頼尚容疑者のプロフィールは?

本名 佐伯頼尚
年齢 40歳
住所 福岡県田川市栄町
職業 無職
容疑 未成年者誘拐

このような感じです。

スポンサーリンク

佐伯頼尚容疑者の顔画像は?

顔画像に関しては明らかになっておりません。

わかり次第追記していきたいと思います。

佐伯頼尚容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、佐伯容疑者のSNSアカウントの特定には至りませんでした。

検索結果が気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

佐伯容疑者が少女を連れ込んだ自宅はどこ?

佐伯容疑者は、少女を自宅に連れ込みました。

自宅は、福岡県田川市栄町です。

地図はこちらです。

 

佐伯容疑者の量刑は?

今回、佐伯容疑者は誘拐の容疑で捕まっています。

そもそも、誘拐とは何罪になるのでしょうか???

誘拐については、刑法224条以下に、「略取及び誘拐の罪」として規定がなされています。

ここで、「略取」とは、暴行又は脅迫によって、被害者の身柄を得ること、「誘拐」とは、欺罔(だますこと)や誘惑を手段として被害者の身柄を得ること、をいいます。

つまり、無理矢理連れてくるのは「略取」、甘い言葉でだまして連れてくるのは「誘拐」ということになります。

また、被害者の同意があったとしても被害者が未成年だった場合、罪に問われます。

なので佐伯容疑者は、「略取及び誘拐の罪」になります。

この場合、刑期は、「3年以上7年以下の懲役」となります。

また、わいせつ行為が目的だった場合は、「1年以上10年以下の懲役」となります。

どのような判決になるか気になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、未成年者誘拐の事件を見ていきました。

SNSが普及してこの手の事件が、かなり増えましたよね。

皆さんもSNSの使い方には、しっかり気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする