坂口和宏の顔画像やFacebook!覚醒剤使用の動機は?入手ルートは?パチンコ店で覚醒剤!三重県鈴鹿市

引用:https://www.tokai-tv.com

三重県鈴鹿市のパチンコ店に落ちていた財布の中から覚醒剤が見つかったとして、財布の持ち主である54歳の男 坂口和宏 容疑者が逮捕されました。

調べに対し、坂口容疑者は「財布のことやろ。最近覚醒剤を使った」と覚醒剤の使用を認めています。

坂口容疑者の顔画像、使用の動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

「覚醒剤 注射器 捨て方」の画像検索結果

引用:https://verenak.exblog.jp

24日、三重県鈴鹿市のパチンコ店に落ちていた財布の中から薬物のようなものが見つかり、警察は財布の持ち主で店内にいた54歳の男が覚醒剤の使用を認めたことから緊急逮捕しました。

 24日午後7時過ぎ、「お客さんが拾ってくれた財布の中に、注射器や薬物のようなものが入っている」と鈴鹿市のパチンコ店から警察に通報がありました。

 財布の中には、キャッシュカードや現金も入っていて、駆けつけた警察が防犯カメラの映像などで確認したところ、財布を落とした男が店内にまだいたことがわかり警察署に連行しました。

 男が警察署で「財布のことやろ。最近覚醒剤を使った」と話したため調べると、覚醒剤の使用が確認されたため、警察は男を緊急逮捕しました。

 逮捕されたのは、鈴鹿市長太栄町の建設業・坂口和宏容疑者(54)で、11月15日ごろから24日までの間に覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

 警察の調べに対し、坂口容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

 警察は、入手ルートなどについて詳しく調べる方針です。

引用:https://www.tokai-tv.com

薬物関連の事件です。

坂口容疑者も財布を落としてしまったことを後悔しているでしょうね。

普通に財布を落とすだけでも嫌なのに、中に覚せい剤が入っているとなると、使用者からしたらバレたくないですもんね。

坂口容疑者は調べに対し、「財布のことやろ。最近覚醒剤を使った」と供述していますが、なんだか開き直っているような言い方ですよね。

自分がしていることがダメなことだと分かっているのでしょうか??

財布の中に入れているということは、常に持ち歩いていつでも使用できるようにしていたということですよね。

この感じだと常習性がありそうですね。

もしかしたら、パチンコ店でも使用していたのかもしれません。

パチンコで当たった時の幸福感が倍増でもするんでしょうか。。。。

覚醒剤使用の動機は??

薬物中毒のイラスト

現在、使用の動機に関しては明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・イライラしていた

・ストレスが溜まっていた

・気分転換がしたかった

・好奇心でやってしまった

・刺激が欲しかった

・幸福感を求めた

どんな理由があれど、絶対に覚せい剤に手を出してはいけませんよね。

使用時は一時的に幸福感を得れるかもしれませんが、そんなのは偽りの幸せです。

薬物なんかに手を出したら絶対に幸せにはなれないと思います。

皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク

坂口和宏容疑者のプロフィール

坂口容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 坂口和宏
年齢 54歳
住所

三重県鈴鹿市長太栄町

 

職業 建設業
容疑 覚せい剤取締法違反

坂口和宏容疑者の顔画像

現在、坂口容疑者の顔画像に関しては、明らかになっていません。

わかり次第、追記していきたいと思います。

坂口和宏容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、坂口容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、Facebookの検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

犯行現場のパチンコ店はどこ?・

今回、坂口容疑者が捕まったパチンコ店は三重県鈴鹿市にあります。

地図がこちらです。

 

パチンコ店の特定には至りませんでした。

申し訳ございません。

スポンサーリンク

坂口和宏容疑者の量刑は??

坂口容疑者は覚せい剤取締法違反となります。

今回、坂口容疑者は覚せい剤の「使用」となります。

この場合、「10年以下の懲役」となります。

常習性もありそうな気もするので、覚せい剤を断ち切るのにも時間がかかりそうですね。。。

ネットの声

・身近に覚醒剤を使用している人間が、存在している事が怖いと感じる。意外に私生活の中で、薬物中毒の人間と知らない内に、接しているのかも知れないね。

・覚醒剤を打ちながらパチンコを打つ、大当たりした時の快感は倍増するのかな。

・薬物が、今まで以上に蔓延してるような気がします

密輸、売買、所持、使用全て
厳罰化するべき

少子高齢化で人口減っていく中
薬物の使用者が増えていけば
国自体滅ばされます。

・最近は未成年の子供でも使用してる奴も居るしね

国がもっと法律を中国みたいに厳しくするか

画期的な取り締まり方法を発案するしかない

しかし、法律改正しても依存症があるから
既にハマってる人には無意味かもね

・パチンコ店は様子のおかしい人結構見ますよ。
結構いい年のおじーちゃんだったので、隣に座られてアンモニア臭で頭は何日も洗っていない状態、着ている服も黄ばんでいる。
タバコをフィルター部分まで吸い、パチンコ台に入れるお札はシワシワ。台が動き始めると、気がふれたように台ボタン殴って、外れると舌打ちして、口を開くとなんとも言えない口臭。

あまりの悪臭で、速攻、逃げましたよ。
てか、その人が座ったら当たっていない周辺の台は全部空席になっていた。

たまにこんな人がいるんだもの、薬きめてる人も紛れ込んでいても不思議ではないですよ。

気がふれたようにボタン殴る姿は、目が何かに取りつかれたように怖いですからね。

・自分達が知らないだけで、そこら辺蔓延してるのかも知れない…
昔の話だが、長距離ドライバーの運ちゃんはやってる人が多いとか聞いた事がある。

・中国の様に厳しくしても良いと思う。

・落し物から覚醒剤が見つかって逮捕されるケースが多いね、過去に女優さんもそんな事があったね、
やはり判断力が鈍ってるんだろうな!

・薬物中毒者が身近にいても容姿が普通なら素人には判断できない。知らないうちに接していたら怖いな。薬物中毒者が治療を考えた時、内科を受診するの?病院にいても怖いな。

・パチンコを一つ残らず根絶すべきだ。
特別永住許可の全廃も必須。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、覚せい剤の事件をみていきました。

覚醒剤は使用していいことは一つもありませんからね。。

絶対にやってはいけません。

坂口容疑者も、断ち切るのにかなり苦労するでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする