佐藤雄司の犯行がひどい!顔画像やFacebookは?患者から金を騙し取る!東京都銀座

整体院の患者に、「金を増やせる」と嘘を言い、現金100万円以上をだまし取ったとして、61歳の男 佐藤雄司 容疑者が逮捕されました。

佐藤容疑者は、整体院の院長でした。

現在、佐藤容疑者は容疑を認めています。

犯行手口や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

東京・銀座の整体院の院長だった男が女性患者に「金を増やせる」と嘘を言い、現金100万円以上をだまし取ったとして逮捕されました。

 銀座にあった整体院の院長だった佐藤雄司容疑者(61)は2016年8月から10月にかけて、患者の女性から現金115万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、佐藤容疑者は女性に対し、言葉巧みに「社内預金制度があるから、これで金を増やせる」などと嘘を言い、自身が管理する銀行口座に現金を振り込ませていました。佐藤容疑者は「だまし取ったのは間違いない」などと容疑を認めています。警視庁は、佐藤容疑者が他の患者十数人からも同じような手口で合わせて数千万円をだまし取ったとみて調べています。

整体院の院長が患者から金を騙し取った事件です。

佐藤容疑者は2016年8月から10月にかけて、患者の女性から現金115万円をだまし取ったそうです。

自分の整体院に来てくれている患者に対して、嘘をついて金を騙し取るなんて、最低すぎますよね。

院長として失格ですよね。

佐藤容疑者は、他の患者にも同じように騙して、合計数千万円を騙し取った疑いがあるそうです。

数千万って相当ですよね。

一体そのお金を何に使うのでしょうか??

佐藤容疑者は、現在「金をだまし取ったことは間違いない」と容疑を認めています。

佐藤容疑者に、もう整体院で働く資格はありませんね。

刑務所でしっかり反省してほしいです。

犯行の手口は??

佐藤容疑者は、女性患者に対して、「社内預金制度があるから、これで金を増やせる」などと言葉巧みに嘘を言って、自分の銀行口座に現金を振り込ませていたそうです。

つまり、「金利を使って金増やせるよ~。だから俺に金を預けて~」ということでしょうか。

自分の患者によくそんなことが出来ますよね。

患者の人もかわいそうです。

しかし、常識的に考えたら、そんなうまい話があるわけないですよね。

それを冷静になってかんがえられないほど、佐藤容疑者の話術が巧だったのかもしれません。

スポンサーリンク

犯行動機は??

動機に関しては、現在明らかになっていませんが、金銭目的ということで間違いないでしょう。

院長という立場で、すでにお金はたくさんもらっていそうですが、それでももっと欲しかったんですね。

最低です。

佐藤雄司容疑者のプロフィール

佐藤容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 佐藤雄司
年齢 61歳
住所 不明
職業 整体院 元院長
容疑 詐欺罪

佐藤雄司容疑者の顔画像

こちらが顔画像です。

佐藤雄司容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、佐藤雄司容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

しかし、「佐藤雄司」という名前のアカウントは多数存在しています。

検索結果を載せておくので、気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

整体院はどこ???

佐藤容疑者が院長を務めていた整体院は、東京都の銀座にあります。

銀座にある整体院は、地図で知らべたところ、一つしかありませんでした。

それが、Total Body Care 銀座整体院」です。

こちらが佐藤容疑者の整体院かどうかは、断言できません。

しかし、ここしか出てこなかったので、ここかもしれませんね。

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

佐藤雄司容疑者の量刑は???

今回、佐藤容疑者は詐欺罪となります。

詐欺罪の場合、「10年以下の懲役」となります。

必ずしも10年になるわけではなく、個別の状況などに応じて、判決が下されます。

佐藤容疑者には、余罪がありそうなので、罪は重めになるかもしれません

ネットの声

・マンション投資なんかもそうだけど、「絶対儲かります!」って話を何故信じれるの?

本当に儲かるなら他人なんかに教えず独占したいと思うのが人間でしょう。

・詐欺って儲かるから無くならないんだよな

ハイリスク・ハイリターン(笑

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、整体院の院長が起こした詐欺事件を見ていきました。

院長として最低な行為ですよね。

しっかり刑務所で反省してほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする