染佑之介の顔画像Facebook勤務先は?飲酒運転の恐ろしさ?東京都足立区

東京都足立区で先月、飲酒運転をし自転車の男性をひき、その上逃げたとして、20歳の男 染佑之介 容疑者が逮捕されました。

染佑之介容疑者のプロフィールや顔画像やFacebookは?勤務先はどこ?ひき逃げの理由とは?犯行現場は?量刑は?ネットの声は?

今回はこれらを見ていきます。。。

スポンサーリンク

染佑之介容疑者のプロフィール

染容疑者のプロフィールについてまとめてみました。

本名 染佑之介
年齢 20歳
住所 東京都足立区
職業 とび職
容疑 過失運転致傷

このような感じです。

まだ20歳とかなり若いですね。。。

この若さで事故を起こしてしまうなんて、相当焦ったのではないでしょうか。

染佑之介の顔画像

こちらが染容疑者の顔画像になります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

マスクをしているため、全体は見えませんが、顔立ちは奇麗でイケメンな気がします。

20歳ということですが、個人的にはもっと老けて見えます。

皆さんはどう思いますか?

染佑之介のFacebookは???

染佑之介容疑者のSNSについても調べたところ、Facebookでそれらしきものが出てきました。

しかし本人かどうか断言はできません。

一様、Facebookの検索結果を載せておくので、気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

かなり前の投稿が載っています。

勤務先はどこ???

染容疑者は、20歳という若さなので、大学生かと思いきや、仕事をしているんですね。

仕事は、建設会社の会社員

とび職というやつです。

現在勤務先がどこかまでは、わかっていません。

事件の概要

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

東京・足立区で先月、自転車に乗った70代の男性を車ではねて重傷を負わせた上そのまま逃走したとして、警視庁は、車を運転していた20歳の男を逮捕した。

過失運転致傷などの疑いで逮捕されたのは、とび職の染佑之介容疑者。警視庁によると染容疑者は先月29日午後11時ごろ、足立区の路上で自転車に乗った70代の男性をワゴン車ではね、そのまま逃走した疑いなどがもたれている。男性は病院に搬送され、意識は戻ったが、頭蓋骨を骨折するなど重傷。

染容疑者は調べに対し、「運転する前に居酒屋で酒を飲んでいた」と、酒を飲んだ状態で車を運転していた旨の供述をしているということだが、「人とぶつかった認識はありません」と、容疑を否認しているという。

20歳という若さで人をひいてしまうなんて、普通なら相当焦りますよね。

しかし、今回染容疑者はひき逃げしています。

焦りから怖くなって逃げたのでしょうか??

それとも、酔っていて本当に気づかなかったのでしょうか??

飲酒運転でもあり得ないことなのに、その上事故まで起こすとは、ひどい話ですよね。

染容疑者は、ちゃんと運転できると思ったのでしょうか??

しかしそういう甘い考えが、事故に繋がってしまいます。

被害者の男性は、頭蓋骨骨折という重症です。

被害者からすれば、いきなり轢かれるなんてたまったものじゃないですよね。

運転にはしっかりと気を付けたいものです。

スポンサーリンク

ひき逃げした理由とは??

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

なぜ染容疑者は、すぐに警察に通報せずに、逃げてしまったのでしょうか??

染容疑者は、「運転する前に居酒屋で酒を飲んでいた」と供述しています。

また、「人とぶつかった認識はありません」とも言っています。

ぶつかったことに気づかず、そのまま走り去ってしまった ということでしょうか?

やはり飲酒をしていた為、ぶつかったことにさえ気づかなかったのかもしれません。

だとしたら、相当酔っていたと思われます。

車が人にぶつかったら、かなりの衝撃らしいですから。

それほど飲んだ後に、運転してしまったんですね。

信じられません。。。。

飲酒運転の恐ろしさとは!?

飲酒運転 男性 イラスト素材

引用:https://www.photolibrary.jp

飲酒運転は絶対にしてはいけません。

ではどんな飲酒すると運転依どんな影響が出るというのでしょうか???

「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。」よく耳にする言葉です。たとえ少量のお酒でも心身に影響を与え、運転能力、判断力などが低下して取り返しのつかない事故を引き起こしています。
お酒を飲んで運転すると以下に挙げる影響が現れます。

動体視力が落ち、視野が狭くなります。そのため信号の変化や路上の人や車の動きの見極めが 遅れます。
抑制がとれ理性が失われているため、運転に必要な判断力が低下しています。スピードを出し ていても気づかなかったり、乱暴なハンドルさばきをしてしまいます。
集中力が鈍っているため、とっさの状況の変化に対応できなくなります。
運動をつかさどる神経が麻痺しているため、ハンドル操作やブレーキ動作が遅れがちになります。
体の平衡感覚が乱れ、直進運転できず、蛇行運転をしたりします。
このため、信号無視、カーブを曲がりきれない、横断中の人の見落とし、ハンドル操作の誤り、ガードレールや電柱への衝突などをして、悲惨な事故を招いてしまうのです。

引用:http://www.arukenkyo.or.jp

また、つい飲酒運転してしまった、という理由の一つに、自分では意識が正常だと思いこんでいたということがあります。

確かに、私自身も飲んだ後に、「運転できそう」と思った瞬間はあります。

皆さんも一度はあるんじゃないでしょうか?

しかし、自分では正常のつもりでも、アルコールによって確実に判断力や運動能力が落ちています。

また、飲酒を続けるうちに急性耐性といって、アルコールの作用に慣れが出てきてしまうことにも注意が必要です。

つまり、時間が経つと自分が酔っているということが自覚できなくなってきてしまうんですね。

なんだか恐ろしいですね。。。

とにかく気を付けましょう。

犯行現場は???

今回事故が起きてしまったのが、東京都足立区の路上です。

こちらが現場の写真です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

広い道路ではありませんが、とても狭いわけでもありませんね。

しっかり注意して運転すれば、事故は起きないはずです。

こちらが現場の地図になります。

アオイオートサービスという建物の前の道路ですね。

スポンサーリンク

染容疑者の量刑はどうなる???

Stressed businessman sitting in the jail, cartoon flat design vector illustration.

本件では、基本的に染容疑者は過失運転致傷罪だと思われます。

過失運転致傷罪の場合、罰則は7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑が科せられます。

しかし、過失運転致傷罪の中でも、罪がもっと重くなる場合があります。

それが、飲酒運転や薬物使用の発覚を恐れて逃亡し、身体のアルコールや薬物の濃度を下げることによりそれらの罪を免れようとした場合です。

このことが、染容疑者にも発覚すれば、染容疑者は過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱という罪に問われます。

この場合、12年以下の懲役となります。

染容疑者は、アルコールを飲んでいました。

もしかしたら、それを隠すために逃げたということも考えられます。

それが発覚すればより罪は重くなるでしょう。

ネットの声

・飲酒ひき逃げは実刑&最高刑確定でお願いします。

・ぶつかった事も分からないくらい泥酔してたってことですね。
完全に危険運転だと思います。

・ぶつかった事も分からないくらい泥酔してたってことですね。
完全に危険運転だと思います。

・飲酒運転だけではないが、道交法違反による死傷事件には更なる刑罰の強化をして欲しい(´・ω・`)。しかしこういう事件や煽り事件はあちゃら系みたいなのが多いね…

・防犯カメラ映像見ましたが確かに接触したとき止まり何事もなかったように走り去る、言い訳に成らない、その本人の言い訳酒飲んで事故とか起こしても今は言い訳に成らないので防犯画像見せたら、それでも知らぬ?なると、どうしようもない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

批判の嵐ですね。

当たり前ですね。

飲酒運転は本当によくありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東京都足立区で起きた飲酒運転事故について見ていきました。

飲酒運転は自分がいけると思っていても、意外と無理なものです。

無意識のうちに、判断が鈍ってしまうらしいですね。

絶対してはいけないですね。

このような事故がもっと減るように願います。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする