鈴木政満の顔画像・Facebook!警官が飲酒運転で事故!動機や現場は?愛知県一宮市

11日夜、酒を飲んで車を運転中、物損事故を起こしたにも関わらず、そのまま逃げたとして、31歳の男 鈴木政満 容疑者が逮捕されました。

鈴木容疑者は、なんと警察官でした。

現在、鈴木容疑者は容疑を認めています。

逃げた動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

事故車のイラスト

 11日夜、愛知県警の警察官が酒を飲んで車を運転中、物損事故を起こして逃げたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは、愛知県警一宮署生活安全課の巡査長・鈴木政満容疑者(31)で、11日午後9時半ごろ一宮市内で酒気帯び状態で乗用車を運転し、道路脇のガードパイプに衝突したにもかかわらず通報しなかったなどの疑いが持たれています。

 警察によりますと、事故後、鈴木容疑者は走行できなくなった車から降りて逃走しましたが、近所の住人の通報で駆けつけた警察官に150mほど離れた路上にいるところを発見され、取り押さえられました。

 鈴木容疑者は11日夜、一宮市内の居酒屋で上司と酒を飲んでいたということで調べに対し「仕事柄、飲酒運転をしているのがまずいと思い逃げてしまった」と容疑を認めています。

引用:https://www.tokai-tv.com

警察官が起こした飲酒運転事故です。

鈴木容疑者は、11日午後9時半ごろ一宮市内で酒気帯び状態で乗用車を運転し、道路脇のガードパイプに衝突しました。

犯行時刻は夜の9時半なので、そこまで遅いわけではありません。

それなりに軽く飲んだ後だったのでしょう。

事故の後、鈴木容疑者の車は動かなくなり、鈴木容疑者は徒歩でその場から逃走しました。

しかし、駆け付けた警察官に現場から150mほど離れたところで、逮捕されました。

警察官に逮捕される、警察官。。。

逮捕する方も、複雑ですよね。。

鈴木容疑者は、警察官失格です。

鈴木容疑者は、その日の夜、上司と居酒屋で飲んでいたそうです。

その時に、上司は鈴木容疑者が車に乗ることを知っていたのでしょうか。

もしそうなら、後に車に乗ることを知っていて、一緒に飲んだということになります。

この場合は、上司もダメですよね。。

とにかく、鈴木容疑者にはもう警察をする資格はないですね。

また、運転免許も剥奪していいと思います。

皆さんはどう思いますか。

今回は物損事故で済みましたが、飲酒運転は人身事故に繋がっていてもおかしくありません。

そのことをきちんと理解し、鈴木容疑者にはしっかり反省してほしいですね。

逃げた理由は???

一体、なぜ鈴木容疑者は事故現場から逃走してしまったのでしょうか。

鈴木容疑者は、「仕事柄、飲酒運転をしているのがまずいと思い逃げてしまった」と供述しています。

つまり、警察官という立場で飲酒がバレたら、大変なことになると思ったということですね。

それが分かっているなら、運転するなよって感じですよね。

もはや呆れてしまいます。

スポンサーリンク

飲酒運転した理由は??

現在、飲酒運転の動機に関しては明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・バレないと思った

・酔った勢いで、乗ってしまった

・飲んでいたが、酔っていないので平気だと思った

・急いでいて、車を使いたかった

どうでしょうか。

どんな理由があっても、決して飲酒運転はしてはいけませんよね。

ましてや、警察官という職で、飲酒運転を取り締まる立場なのに、ありえません。

人々を危険にさらす、最低な行為です。

鈴木政満容疑者のプロフィール

鈴木容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 鈴木政満
年齢 31歳
住所

岐阜県各務原市鵜沼羽場町6丁目

 

職業 愛知県警一宮署生活安全課 巡査長
容疑 酒気帯び運転(道路交通法違反)

鈴木政満容疑者の顔画像

現在、鈴木容疑者の顔画像に関しては、明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

鈴木政満容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、鈴木容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

鈴木政満容疑者の車の画像

こちらが、事故後の鈴木容疑者の車です。

引用:https://www.tokai-tv.com

結構激しくぶつかったことがわかりますね。

事故の現場はどこ???

今回、鈴木容疑者が酒気帯び運転で事故を起こしたのは愛知県一宮市浅井町です。

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

鈴木政満容疑者の量刑は??

鈴木容疑者は、今回酒気帯び運転で、道路交通法違反になります。

飲酒運転には大きくわけると「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2つの種類があります。

アルコール度数や正常に車両を運転できないかどうかで判断され、それぞれ次のような罰が課せられます。

酒酔い運転・・・「5年以下の懲役/100万円以下の罰金」

酒気帯び運転・・・「3年以下の懲役/100万円以下の罰金」

こうなります。

今回は、鈴木容疑者は、酒気帯び運転なので、「3年以下の懲役/100万円以下の罰金」になります。

ネットの声

・警察官の不祥事が多過ぎると思います。取締る権限を持った人達と同じ扱いで無く厳罰を与える法律を作るべきと思いますが

まずいと思う時がズレてる。
まずいと思ったら運転しない。

・実名を出した所だけは警察は評価出来る。
やった事は最低だけど。

・さすがは愛知県警。
「仕事柄まずい」と思うのは酔いながらハンドルを握る前でしょう。
これじゃ飲酒運転は撲滅できないよ。

・仕事柄まずい。確かにそうだが、酒飲んで運転しようと思う時点でまずいでしょうが。

・職種は関係無い。
どんな仕事だろうが運転してはダメ。
そこの感覚がズレてるから警察官には不向きだね。

・仕事柄飲んで運転する事がいけないと言う認識が欠けとる、日常化してたんだろうな

・警察官の不祥事に実名報道は正しいと思うよね!

・上司の警察官は、部下が車で来てる事を知っていたのかな?

・警察の飲酒運転、飲酒事故なんて極刑でいいと思う。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、警察官が起こした飲酒運転事故を見ていきました。

人身事故にならなくて、本当に良かったですね。

最近警察官の不祥事が多すぎます。

いったいどうなってるんでしょうか。

自分たちは偉いから何をしてもいいとでも思っているんでしょうか。

警察だからこそ、みんなの手本となるような生活をしなければならないですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする