高島知幸の顔画像やFacebookは?犯行動機は?酔って胸触る?東京都江戸川区

東京都江戸川区の路上で、帰宅途中の女性に抱きつき胸を触ったとして、36歳の会社員の男 高島知幸 容疑者が強制わいせつの疑いで逮捕されました。

被害者の女性は、当時19歳だったそうです。

江戸川区では、同様の被害が7月にも起きていて、警視庁は関連がないか調べているそうです。

犯行動機などは何だったのでしょうか???

事件について詳しく見ていきます。。。

スポンサーリンク

事件の概要

東京・江戸川区の路上で帰宅途中の女性に抱きつき胸を触ったとして、会社員の男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、江戸川区の会社員・高島知幸容疑者(36)。警視庁によると、高島容疑者は去年4月7日の午前0時半頃、江戸川区の路上で、女性(当時19歳)に後ろから抱きつき胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれている。高島容疑者は帰宅途中に女性に目をつけ、400メートルほど後をつけて犯行に及んだとみられている。

調べに対し、容疑を認め「仕事のストレスを抱えていて、酔っていたこともあり思わずやってしまった」などと話しているという。江戸川区では今年7月にも同様の事件が起きていて、警視庁が関連を調べている。

引用:http://www.news24.jp

強制わいせつ事件ですね。

高島容疑者は、帰宅途中に被害者女性に目を付け、400mほど後をつけ、犯行に及んだそうです。

完全にストーカーですよね。

最低です。

被害者女性は、いきなり抱きつかれ胸も触られて、相当驚いたでしょうし、怖かったと思います。

また、今年の7月に江戸川区で同様の被害が起こているそうで、もしかしたら高島容疑者に余罪があるかもしれませんね。

こういう事件を起こしてしまう人は、一度では気が済まなそうですしね。。。。

犯行動機は????

引用:http://www.news24.jp

高島容疑者は、「仕事のストレスを抱えていて、酔っていたこともあり思わずやってしまった」と供述しています。

ストレスとお酒が原因ということでしょうか。

しかし、普通の人間ならストtレスが溜まって酔っていたとしても、こんなことはしないですよね。

言い訳にすぎません。

酒のせいでも、仕事のストレスのせいでもありません。

自分の性的欲求を抑えられなかった自分のせいですよね。

こういう行動をとってしまう人の思考回路が理解できませんね。。。

高島知幸容疑者のプロフィールは???

本名 高島知幸
年齢 36歳
住所 東京都江戸川区
職業 会社員
容疑 強制わいせつ

こんな感じです。

会社員だそうですが、会社の人も相当驚いたことでしょう。

スポンサーリンク

高島知幸容疑者の顔画像は???

こちらが顔画像です。

引用:http://www.news24.jp

高島知幸容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、Facebookで高島容疑者のアカウントらしきものを発見しました。

それがこちらです。

こちらのアカウントは、出身が「江戸川区」になっています。

また、大学を2005年に卒業していると記載されているので、年齢的にも高島容疑者は36歳なので、本人アカウントである可能性は高いです。

こちらがリンクです。

気になる方は見てみてください。

犯行現場は???

今回、犯行があった場所は、東京都江戸川区の路上です。

地図がこちら。

 

高島容疑者の量刑は???

今回、高島容疑者は、強制わいせつで捕まっています。

強制わいせつの場合、「6か月以上10年未満の懲役」となります。

わいせつ行為の程度によっては執行猶予が付くこともあります。

わいせつ罪系は、罰金刑がありません。

私的にも、このような人には、しっかり時間をかけて反省してほしいです。

ネットの声

・泥酔状態で触れば無罪になる確率は高いが中途半端に意識があると犯罪になる・・・。

・厳罰を望む

・泥酔なら興奮もおきないでしょう…
足もフラフラ歩いて
そんな人が近付いて来たら逃げますけどね

・去勢ですね。

・当然犯罪はダメですが男の気持としては分かるね
タイプの子でスタイルもタイプなら

余程欲求がたまってたんだろうな。

・俺もよく女性に抱きつき胸さわるよ。

俺の嫁さんに。

・この男には両手は要らないね。又やるからね。

・高島知幸(36)
むなしいねぇ…

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、強制わいせつ事件を見ていきました。

この手の事件は、一生無くならないですよね。。。

高島容疑者には、余罪がある気がします。。。

しっかり反省してほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする