タピオカ中毒!?大流行の秘密とは?ファミマも2年ぶりに復活。

ファミリーマートが2年ぶりにタピオカフラッペを復活させました。

そもそもあの粒粒は何なのか?なぜこんなにタピオカが流行ってるのか?

今回はタピオカについて見ていきたいと思います、、、

スポンサーリンク

ファミマ、2年ぶりにタピオカ復活

引用:https://www.ryutsuu.biz

6月2日にファミリーマートがタピオカフラッペを再販することを発表しました。

味は、ミルクティータピオカフラッぺ。

実に2年ぶりの復活らしいです。

お客様からの再発売してほしいという声が殺到したことから再販が決定したらしいです。

私もタピオカ好きなので嬉しいです。

今回のミルクティーフラッペは、タピオカの大きさだけでなく量もアップしました

そのため、タピオカが全体に行き渡り、最初から最後までタピオカ感を味わえる一品になっています。

また、かき氷にはスリランカ産のウバ茶を使用し、生クリームも混ぜることで風味豊かなミルクティーフレーバーとなっております。

気になる人は是非買ってみてください。

私は買います(笑)。

タピオカってそもそも何なの?粒粒の正体は??

プルプル、粒粒、ほんのり甘い、スイーツによく入っている、女性が大好き、、、、

そんな大人気のタピオカですが、ここで皆さんに質問です。

タピオカってそもそも何なのか知っていますか??

知らない方のために今回はタピオカの正体について説明しましょう。

結論から言うと、タピオカとはです

え?芋?と思われたかもしれませんが、そうなんです。

正確には、キャッサバという芋の一種から作られているのです。

引用:https://macaro-ni.jp

これです。

原産地は主に、南米です。

サバナ気候や熱帯雨林気候などで育てられています。

ではどうやって芋であるキャッサバが私たちの知ってるタピオカになるのか気になりますよね。

加工の過程は、まずキャッサバの根茎からとれたでんぷんを水で溶き、それを加熱します。

そのあと、特殊な機械で遠心力を使って、私たちの知っているあの丸い形にしていきます。

それを乾かすと、タピオカパールになります。

このタピオカパールを2時間ほど茹でて戻すと、タピオカの完成です。

意外と簡単??な気がしますね(笑)。

ちなみに、アフリカではこのタピオカが主食として食べられているらしいですよ。

それと、タピオカはなんと、乾いている状態で100グラム当たり、355㌔カロリーあります。

白米が100グラム当たり、だいたい168㌔カロリーあるので比べると多い気がしますよね。

ですが安心してください。

茹でるとタピオカは100グラム当たり、62㌔カロリーになります。

いっぱい飲みましょう(笑)。

まあ何にせよ、食べすぎは良くないですね。

タピオカの正体はこんな感じです(笑)。

スポンサーリンク

なんでこんなにタピオカ流行ってるの??

とにかくタピオカタピオカタピオカってくらい流行ってますよね。

町を歩けば、片手にタピオカ持ってる人は一人は必ず見かけるくらいですもん。

タピオカ中毒といっても過言ではありません(笑)。

なんでこんなに流行っているのか、私なりに調べたところ、、、

・インスタ映え

・シンプルに味や触感が好きだから

・みんなが飲んでるから

こんな感じですかね。

やはり一番はインスタ映えかもしれません。

タピオカそのものはただの黒い物体なので映えませんが、ドリンクのパッケージが映えるんですね。

引用:http://midoriblackmore.hatenablog.com

この写真も映えですねー。

また、私個人としても味自体が美味しいと思います。

だから必然的に人気になりますよね。おいしいんだもの。

人気のお店ではやはり茶葉にこだわっていたりするみたいですよ。

そして、「みんなが飲んでいるから」というのもあると思います。

一回人気が出ると「私も飲んでみたい!」という人がたくさん出てきますよね。

それによって、余計流行るってわけですよね。

理由に関しては以上のような感じですね。

あくまで私の主観も入っていますが、、、

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タピオカについて書かせていただきました。

ファミマの新作早く飲みたいですねー。

タピオカブームはいつまで続くんでしょうかね、、、。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする