山田健人の顔画像・Facebook特定!酔ってわいせつ行為?動機や現場は?女性の下半身触る!東京都杉並区

引用:http://www.news24.jp

東京都杉並区の路上で、帰宅途中の女性の首を絞め、わいせつな行為をしたとして、25歳の男 山田健人 容疑者が逮捕されました。

現在、山田容疑者は「まったく覚えていない」と容疑を否認しています。

山田容疑者の顔画像、犯行動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

東京・杉並区で帰宅途中の女性の首をいきなり絞めて、わいせつな行為をしたとして25歳の男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、アルバイトの山田健人容疑者。警視庁によると、山田容疑者は去年9月、杉並区の路上で帰宅途中の21歳の女性に背後から近づいて首を絞め、手を下着の中に入れて下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。

女性は山田容疑者をふりほどいて現場から逃げ、110番通報していてケガはなかった。

山田容疑者は事件当時、酒に酔っていたとみられ、調べに対し「全く覚えていない」と容疑を否認しているという。

引用:http://www.news24.jp

わいせつ事件です。

山田容疑者は、被害者女性の下着の中に手を突っ込んだそうですが、女性は本当に怖かったと思います。

しかも下につける下着の方ですね。

自分のパンツの中に手を入れられるなんて、想像しただけで恐ろしいですよね。

幸い、女性は山田容疑者を振りほどいて、逃げることができ、怪我もなかったそうで良かったです。

勇敢な女性ですね。

山田容疑者は、酔って軽い気持ちで犯行に及んだかもしれませんが、被害者の女性にとっては、これが一生トラウマになり、引きずる可能性だってありますよね。

男性と関わりを持つことが出来なくなってしまうかもしれません。

この手の犯行は、被害者の人生を奪うといっても過言ではないと思います。

それだけ自分がしたことは重大なことであることを、山田容疑者にはしっかり理解してほしいですね。

それなのに、山田容疑者は酒のせいで「全く覚えていない」と言っていて、本当に最低ですよね。

都合がよすぎます。

犯行の動機は??

現在、詳しい犯行動機に関しては、明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・酒に酔って、勢いでやってしまった

・ストレス発散にためにやった

・自分の性欲が抑えられなかった

・女性がタイプだった

どうでしょうか。

山田容疑者は、「全く覚えていない」と言っていますが、本当でしょうか。

もし本当なら、酒に酔った場合、山田容疑者は自分を制御することが出来ないということですよね。

記憶がないわけですから。

山田容疑者には、一生酒を飲ませないようにした方がいいと思いますね。

スポンサーリンク

山田健人容疑者のプロフィール

山田容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 山田健人
年齢 25歳
住所 不明
職業 アルバイト
容疑 強制わいせつ

山田健人容疑者の顔画像

こちらが顔画像です。

引用:http://www.news24.jp

山田健人容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、山田容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

一様、検索結果を載せておくので気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

犯行現場はどこ??

今回、女性が山田容疑者に襲われたのは、東京都杉並区の路上です。

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

山田健人容疑者の量刑は?

今回、山田容疑者は強制わいせつ罪となります。

強制わいせつの場合、「6か月以上10年未満の懲役」となります。

わいせつ行為の程度によっては執行猶予が付くこともあります。

わいせつ罪系は、罰金刑がありません。

私的にも、このような人にはしっかりと時間をかけて反省してほしいですね。

ネットの声

・酒飲んでれば、失敗も許されるかもしれないという誤った風潮をどうにかしてほしい。
過ちを過ちと認識できないほど飲んでる時点で、その人は大きな過失をしている。
なので、二重の罰を受けるべきだ。

・杉並区は路上で飲んでいる男性が非常に多く
強引なナンパや突然抱きついて胸を握りしめてくるような痴漢が多い!
食事できる本屋が話題になってたけど
その本屋や古着屋の客が路上にはみだして飲んでいるし
小さな飲み屋は許可ありかなしかは分からないけど路上にテーブル並べて飲ませてる
そのオープンな気分の酔っぱらいが痴漢を増やしてる
警察は交番にこもってないで見回るべきだよ駅から痴漢がつけてきてるんだから

・お酒を意識が飛ぶ位飲んだら罰を与えるようになれば、何か事件を起こして「酔ってて記憶がない」なんて否認する奴も少なくなるだろうし、数も多少は減る気がする。お店側も記憶がなくなるまで飲ませたら罰になるとかにしたら、今回のような事じゃなくても色々抑制になる気がする。

・覚えてないって言えば罪が軽くなるから、お酒を飲んで酔っぱらって無くても、酔って覚えてないって言えば逃れられると思う。1人1人酔う量が違うから酔ってるとか酔ってないとか分かりにくい人もいるでしょ。お酒が元々強かったら、酔ってなくても酔ってるように演じれば良いんじゃない。わいせつした時点で酔ってるとか酔ってないとか関係なく罪を重くしてほしいですね。そう言う時女は弱くなるから、欲求を満たすだけの目的で女性をおもちゃ扱いする人がいるから嫌。好きで女に生まれて来た訳じゃない。

・ハイリスク・ローリターン。
後で自分の身に何が起こるかすら想像できない輩が増えてきた気がする。

・自己責任ですから酒に酔ってたとか薬物で責任を逃れ罪が軽くなる様な事が有ってはたならない。酔って自分の本性が、剥き出しになっただけです。

・飲酒関係の事件、事故が減らないのに法律があますぎる。

記憶がない、人格変化、暴れる、中毒、依存、酒と違法薬物の違いがわからん。

・酒の失敗ではない!あなたの失敗です。覚えてなくても被害者はしっかり覚えてます。何らかの被害者と同じレベルの精神的苦痛が妥当かと。

・許せない。
外傷はなかったかもしれませんが、精神的苦痛ははかりしれないと思います

・被害者の心の傷が心配

後ろから男性歩いてるだけでも怖くなる後遺症とか残るんではないか?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、杉並区で起きたわいせつ事件をみていきました。

酒関係のわいせつ事件は多すぎますよね。

いつか酒が違法になる日が来そうですね。。。

それは嫌なので、こういう輩は本当に有害ですね。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする