山崎悟の顔画像・Facebook!同僚女性の体触る!?動機や現場は?群馬県安中市

同僚女性の体を触るなどしたとして、55歳の男 山崎悟 容疑者が逮捕されました。

現在、山崎容疑者は、「やってない」と容疑を否認しています。

犯行動機や犯行現場など、事件について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

「介護し」の画像検索結果

引用:https://kaigoshoku.mynavi.jp

同僚女性の体を触るなどしたとして、安中署は7日、強制わいせつの疑いで、安中市郷原の介護職員、山崎悟容疑者(55)を逮捕した。「やっていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6月7日夜、勤務先の同市の介護施設の居室内で、同僚の女性派遣社員(38)に背後から抱きつき、服の上から胸や下半身を触ったとしている。

 女性が親族とともに、7月に同署に届け出て発覚した。同署が詳しい状況を調べている。

引用:https://www.iza.ne.jp

強制わいせつ事件です。

山崎容疑者は、6月7日夜、自身の勤務先の介護施設で、同僚の女性派遣社員に背後から抱きつき、服の上から胸や下半身を触ったそうです。

気持ち悪いですね。。。

自分の職場でよくこんなことが出来ますね。。

他の同僚は助けてくれなかったのでしょうか?

もう捕まった以上、山崎容疑者にはこの職場に居場所はないかもしれません。

山崎容疑者は現在、「やってない」と容疑を否認していますが、真相はどうなんでしょうか??

これで本当にやっていなかったら、恐ろしいですよね。

ですが、被害者女性は親族とともに、届け出ていることもありますし、さすがに嘘をついて山崎容疑者を陥れようとしている感じではない気がします。

皆さんはどう思いますか??

犯行の動機は???

車いすを押す介護士のイラスト

現在、山崎容疑者の詳しい動機に関しては明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・自分のタイプの女性だった

・性的欲求を抑えられなかった

・ストレス発散のためにやった

・酒に酔っていた

どうでしょうか??

どんな理由があれど、職場で同僚にわいせつ行為するなんて、最低ですね。

信じられません。

スポンサーリンク

山崎悟容疑者のプロフィール

山崎容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 山崎悟
年齢 55歳
住所 群馬県安中氏郷原
職業 介護施設職員
容疑 強制わいせつ

山崎悟容疑者の顔画像

現在、山崎容疑者の顔画像に関しては明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

山崎悟容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、山崎容疑者のSNSアカウントは特定できませんでした。

しかし、「山崎悟」という名前のアカウントは多数存在していたので、気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

犯行の現場は???

今回、事件が起きたのは山崎容疑者の勤務先の介護施設です。

介護施設は、群馬県安中市郷原にあると思われます。

地図がこちらです。

 

安中市郷原の介護施設は多くて、特定には至りませんでした。

わかり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

山崎悟容疑者の量刑は??

今回、山崎容疑者は強制わいせつ罪となります。

強制わいせつの場合、「6か月以上10年未満の懲役」となります。

わいせつ行為の程度によっては執行猶予が付くこともあります。

わいせつ罪系は、罰金刑がありません。

私的にもこのような人には、しっかり時間をかけて反省してほしいです。

皆さんはどう思いますか。

ネットの声

・逮捕されたら、人生終わり

このオジサン常習的か?
きっと初めてじゃないのでしょう。

・学校でこういうことが起こった時の対応と違ってスピーディだね〜。容疑の段階で名前が出るし。

・山崎悟55歳、安中市のどこですか?

・55歳
介護職員
底辺(笑)

・うーんアウトですな️

・覚醒剤と性犯罪は治らない病気です。民間経営の刑務所を作り一生そこで暮らせばいいんじゃないの。

・AVの観すぎあれはファンタジーなんだからね!

・この業界、夜勤なんて勤務者少ないからな
証拠がないにしろ
女性側を信じ逮捕されるから
本当なら逮捕は当然だけど

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、介護職員が起こした強制わいせつ事件を見ていきました。

ネットでも言われていましたが、山崎容疑者は今回が初の犯行ではない気もします。

こういう人は、常習犯が多いですからね。。。

なんでこんなことしてしまうんでしょうか。。

呆れてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする