吉原翔の顔画像やFacebook!飲酒運転で衝突事故!動機や現場は?福岡県福岡市

引用:https://www.tnc.co.jp

福岡県福岡市内で、飲酒運転をして信号待ちの軽乗用車に衝突したとして、23歳の男 吉原翔 容疑者が逮捕されました。

現在、吉原容疑者は「酒を飲んで運転していません」と容疑を否認しています。

吉原容疑者の顔画像、飲酒運転の動機や事故現場など、事故について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事故の概要

23日夜から24日朝にかけて福岡県内で飲酒運転が相次ぎ、福岡市西区では追突事故を起こした23歳の男が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。

23日午後5時半頃、福岡市西区徳永北の国道で普通乗用車が、信号待ちをしていた軽乗用車に追突する事故がありました。

警察が駆けつけたところ、運転していた男から酒の匂いがしたため、調べたところ呼気から基準値の6倍を超えるアルコールが検出されたため、男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは、飯塚市の自称・自営業吉原翔容疑者で「酒を飲んで運転していません」と容疑を否認しているということです。

また同乗していた別の男が、警察官の胸倉を掴むなどの暴行を加えたとして男を公務執行妨害の現行犯で逮捕しています。

県内ではこのほか男3人が酒気帯び運転などの現行犯で逮捕されています。

引用:https://www.tnc.co.jp

飲酒運転の自動車事故です。

吉原容疑者からは、基準値の6倍のアルコールが検出されているようですが、容疑を否認しています。

事故の時刻は、午後5時半ごろなので、そこまで遅い時間ではないですね。

時間帯も遅くありませんし、吉原容疑者の供述として「酒を飲んで運転していません」とのことなので、おそらく直前までは本当に飲んでいなかったのではないでしょうか。

ですが、事故の前日に夜通しで朝まで飲み明かしていた、ということなのであれば、この時間帯でもまだ酒は抜けていない可能性もありますね。

まぁ、真相は分かりませんが、完全に酒が抜けきっている状態で運転するのは、常識ですよね。

吉原容疑者の運転する車の同乗者が、警察に対した暴力をふるっていることなどを考えると、そもそも常識人には思えないですが。。。

今回は、大事故にはならなかったですが、飲酒運転は死者が出てもおかしくないです。

とにかく、酒気帯びの状態で運転して、事故を起こしたことは確かですから、しっかりと反省してほしいですね。

飲酒運転の動機は??

現在、飲酒運転の動機に関しては、明らかになっていません。

しかし、考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・バレないと思った

・もう酒は抜けきっていると思った

・飲んでたが、酔っていないから大丈夫だと思った

・急いでいた

・酔った勢いで、乗ってしまった

どうでしょうか。

もし、前日の朝まで飲み明かしたということなのであれば、かなり体内アルコール濃度は高くなっているの思うので、しっかり時間を空けることが常識です。

どんな理由にせよ、飲酒運転は大変危険な行為です。

絶対にしてはいけませんね。

スポンサーリンク

事故の原因は??

事故原因に関しても、現在明らかになっていません。

しかし、これもまた考えられる理由は以下のような感じではないでしょうか。

・酔っていて、正常な判断ができなかった

・スピードを出しすぎていた

・よそ見運転をしていた(スマホなど)

・居眠り運転をしていた

前方をしっかり見ていれば、信号で止まっている車には絶対に衝突しないですよね。

吉原翔容疑者のプロフィール

吉原容疑者のプロフィールをまとめました。

本名 吉原翔
年齢 23歳
職業 自称自営業
住所 福岡県飯塚市
容疑 酒気帯び運転

吉原翔容疑者の顔画像

現在、吉原容疑者の顔画像に関しては、明らかになっていません。

わかり次第追記していきたいと思います。

吉原翔容疑者のFacebook・Twitter・Instagramは?

今回、吉原翔容疑者のものと思われるSNSアカウントを、Facebookで見つけました。

住所が、福岡県飯塚市となっているので、間違いないと思います。

ですが、断言はできませんので、検索結果だけ載せておきます。

検索結果をみれば、どれだかすぐにわかると思います。

気になる方は見てみてください。

・Facebookの検索結果はこちら

・Twitterの検索結果はこちら

犯行の現場はどこ??

今回、事故が起きたのは、福岡県福岡市西区徳永北の国道です。

事故現場の写真がこちらです。

引用:https://www.tnc.co.jp

地図がこちらです。

 

スポンサーリンク

吉原翔容疑者の量刑は??

今回、吉原容疑者は飲酒運転器物破損罪になると思われます。

複数の罪がある場合、重い方が科されます。

今回は、飲酒運転の方ですね。

飲酒運転には大きくわけると「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2つの種類があります。

アルコール度数や正常に車両を運転できないかどうかで判断され、それぞれ次のような罰が課せられます。

酒酔い運転・・・「5年以下の懲役/100万円以下の罰金」

酒気帯び運転・・・「3年以下の懲役/100万円以下の罰金」

こうなります。

今回は、吉原容疑者は、酒気帯び運転なので、「3年以下の懲役/100万円以下の罰金」になります。

ネットの声

これだけ飲酒が厳しくなってるのに減りませんね。さらに重き厳罰と法改正がいるのでは?また大惨事の事故が起こる可能性は十分あります。
九州地方に多いですよね。
更なる取締強化や検問、居酒屋出発時の張り込みを!

・福岡って他の県より飲酒運転多いイメージ。他の地域よりさらに厳罰化した方がいいよ。

・他の場所でも、飲酒運転による悲惨な事故は起きているけど、やはり福岡県は。。。。
飲酒、酒気帯び運転した人には、免許証更新や再取得した時に条件欄に飲酒運転の過去あり『死亡事故』とか表示した方が良いよ。
あと、同じように戸籍に追加するとか

・これはもうね認めなければ立証に時間がかかり釈放されると吹き込まれてますね。警察は事実で捕まえることができるようにしないと裏取りに忙殺されますよ。

・飲酒運転は、
いけない事ですが、
厳罰化のきっかけも、
福岡での事故からでしたよね!
福岡には、
そう言う風習があるのですかね!
学校で授業とか、
教えないとですかね!
特に福岡!
厳罰化に期待!

・飲酒運転で人を死なせたら 死刑で良いと思う
交通事故ではないと思う

・まだ呑んで乗る人がいるんですね

福岡と北海道は特に多い気がします
罪をもう少し厳しくしないと無くなりませんね

・こういう悪質ドライバーには免許取り消した後の制裁として二度と運転免許を取得出来なくするべきだと思う

・13年前に起きた飲酒運転による事故で3人の子供の命が失われ、福岡県は先頭に立って飲酒運転を撲滅させなきゃいけない県なのに、なにやってんだろう…飲酒運転をしたら、殺人と同じくらいの罪にして欲しい。

・幼い子どもが3人も亡くなった今林大の時間から何年経っても福岡では飲酒運転による事故が無くならない。
アルコールに対して寛容な地域性かも知れないが、根本的な解決ができないならアルコール検知器を車に内蔵させないといけないかもしれない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

今回は、飲酒運転事故をみていきました。

福岡は本当に飲酒運転が多いですね。。。

なんででしょうか。。

やはり飲み屋が多いことが理由ですかね。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする